宇宙兄弟(8) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社 (2009年12月22日発売)
4.43
  • (416)
  • (255)
  • (77)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 2901
感想 : 113
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063728583

作品紹介・あらすじ

2025年、NASAは日本人宇宙飛行士・南波ヒビトを含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表。時を同じくして日本では、自動車の設計をしていた南波ムッタが会社をクビに。大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。しかしそれぞれの未来が、幼少時代に交したある約束によって、動き出そうとしていた。

JAXAによる日本人宇宙飛行士選抜試験の結果発表!! 弟は月に辿り着いた。兄は……どうだ!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 合格発表。
    せりなさんの話もそうだけど、やっさんのメールでおじさん泣いちゃったよ。

  • 茄子田理事長の入社式での言葉。
    読む少し前、息子が「人」という字について、同じことを言っていたので笑ってしまった。
    でも、言われてみれば、その通り。

    あと、やっさんからのメール。

    • motokoさん
      やっぱりコレ読みたくなった。
      やっぱりコレ読みたくなった。
      2013/01/28
  • この興奮とマンガでしか、表現できない。と、思うね。


  • せりかさんも合格!

    溝口くん不合格。
    足りないところは『仲間に頼る』ということ。

    ムッタ、合格!!

    ヒビト、月のクレーターに落下。
    無事だったが、仲間は体温調節機能の故障で凍りそう。

  • 2021/5/4 再読

  • 癖はあるけどみんな基本的にいい人。

  • やっさんのメールが泣ける。

  • ほしか星加 記者達が求める答えを 「支える者がいて」「その上に立つ者がいる」 蚕は蛋白質が豊富で養殖もしやすいのよ 味は海老っぽくてフライにすれば美味しい 深い闇に落ちたせいで_死ぬ程星が綺麗に見える 4時間もこのマイナス170℃の影にいたら

  • ようやくムッタも合格。兄弟そろってバンソーコー。星加さんいいなぁ。
    そして月面では、事故発生。ヒビト男前だね。

  • 星加さんが直接伝えたかった、とむっちゃんに会いに来るところがたまらないです。
    宇宙飛行士になるには運も必要。
    努力すれば夢は叶う式の無責任さとは違い
    リアルだなと思います。

    お母さんがアポちゃんと一緒にそっとついてきて
    やったわあの子、よかったわ、ケーキ買って帰りましょうと涙ぐんでいるところも好きです。

    記者会見のシーンも、揃った感じがして良いですが
    その後の飲み会のシーンもまた良い。
    福田さんが来てくれて、
    南波君も新田くんも伊藤さんも3人ともちゃんとあの場所に堂々と立ってたから
    テレビで会見を見たとき鳥肌たっちゃったよ
    と喜んでくれるところも泣いてしまいますし、
    やっさんからのメールもまた泣かせます。
    あの時「俺の中では決まってる」と言っていた二人が
    実は新田さんとむっちゃんだったこと。
    「自分ら最高や」の言葉。
    それを読んでのむっちゃんのモノローグがまた素晴らしいです。

    「日々人……お前はいつ実感した?
    自分が宇宙飛行士に選ばれたってことを
    合格の電話があった時か?
    それとも記者会見でフラッシュを浴びた時か?
    俺は飲み屋のトイレで友がくれた11件目のメールを読んだ時だ」

    そして次は日々人のターン、と思いきや
    大変な展開になってしまいます。

    だって……天国も地獄もどっちも……生きてる時に見るもんだ
    という日々人の言葉が好きです。

全113件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ、京都出身。第14回MANGA OPENに持ち込んだ「じじじい」で、わたせせいぞう賞を受賞。続く第15回MANGA OPENでは「劇団JETS」で大賞を受賞した。モーニング2006年3・4合併号よりスキージャンプを描いた『ハルジャン』を集中連載し、単行本・全1巻が発売中。さらに、その後モーニングにて70歳の俊足泥棒が主人公の『ジジジイ』をシリーズ連載。現在単行本第1巻が絶賛発売中である。『宇宙兄弟』は、自身初の週刊連載となる。

「2019年 『宇宙兄弟(36)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山宙哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×