東京怪童(2) (モーニング KC)

  • 講談社 (2009年12月22日発売)
4.00
  • (34)
  • (44)
  • (22)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :335
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063728637

東京怪童(2) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話が何となく見えてきた感じでした。ハシの漫画が強烈です。

  • とてもクセのある作品で、ダメは人はダメだと思います。
    私も最初は抵抗があったのですが、2巻になって、かなりのめりこんでしまいました。
    誰かに勧めたいとは思えないのですが、自分ひとりでこっそり好きでありたい作品です。
    シュールな世界なので、珍味が好きな方は読んでみてはいかがでしょう。

  • ハナちゃん可愛すぎる。ふとももエロすぎる。はふはふ。

  • 脳の疾患・障害によって、一般人とは物の見え方が違う、
    あるいは誤解を招く言動に走りがちでトラブルが絶えない、
    そんな子供~若者たちの話。
    2巻では、ハシたちの治療を担当する玉木医師の秘密が明かされる。
    ある日フッと唐突に
    生活のレールから降りたくなってしまう気持ちはよくわかるけど(笑)

  • 3巻は未読だが、2巻の時点ではかなり良い。思ったことを口に出してしまう主人公を上手く扱えていると思う。本音と建前について考えさせられる。本音ってなんだ?

  • 2011/1/1購入
    2012/5/11読了

  • 面白くなってきたぞ

  • この人の絵がすっごい好み。特に足がキレイ。

  • 2ページ分さいて、人の存在を認識しないマリの叫ぶシーンが描かれていて、それがすごくマリの孤独を感じさせる。ハシのマンガが救いのある終わり方になっていてひとまず安心。

  • 一巻を何度も何度も読み返して、待ちわびた2巻。
    三巻も面白くなりそうでワクワクする。この作者さんはポジティブな人なんだろうな。
    悲しみにはいつも希望が寄り添う。これは悲しみを知っているから理解できる言葉だ。
    やっぱり好きだな。

全17件中 1 - 10件を表示

望月ミネタロウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京怪童(2) (モーニング KC)に関連する談話室の質問

ツイートする