バガボンド(32) (モーニング KC)

著者 :
制作 : 吉川 英治 
  • 講談社
4.19
  • (133)
  • (102)
  • (57)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 1199
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063728668

作品紹介・あらすじ

「強い」とはどういうことか……。
六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作!


武蔵は知っていた。眼前の“武”の塊が、かつて自分が憧れた理想の剣士であると。 武蔵はまだ知らない。宿命の縁で結ばれたあの天才がかつて一刀斎によって見出されたことを。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最高!この一言に尽きる

  • 表紙の美しさに見とれてしまう・・

    作者のあとがきが好きです。

    「作品をつくるのに何が必要だろうか
    技術か、知識か、才能か、努力か
    理想か、情熱か、賞賛か、批判か

    心の内側の静けさ
    今それを大切に思っています」

  • 石舟斎のおじいちゃん死んじゃった。後を追うように胤栄のにゃむじいちゃんも。もっと話を聴きたかったねぇ。とりあえずもっと笑おう。

  • 武蔵と伊藤一刀斎の戦いが描かれます。戦いは、武蔵の刀が一刀斎の身に届くことで決着がつきますが、一刀斎は「小次郎の方が強い」と彼に告げます。

    みずからの我執にどのように対処するべきかと自問自答を繰り返す武蔵と、みずからの大きな我執をも肯定してしまうような闊達さを見せる一刀斎との対照が鮮やかです。

  • 巨星逝く。小次郎と近い位置にいた彼との邂逅によって武蔵と小次郎の間の引力が強まった。

  • 2010年1月21日、29~32巻読了。

    ちょっと積みすぎましたが……。

    別の道。おつうとの暮らし。それも良い。

    又八、最後の嘘はそれでも親孝行だったから。




    だがなんというかね。えっと。




    まだ会ってないんかい!!!

    どちらとも剣を交えた一刀斎とは出会ったというのに。






    天下無双とは、陽炎。

  •  武蔵が考えることって自分に向かってる感じがして読んでて気持ち良い。
     それにやっぱり武蔵の哲学してる姿を支えるのは井上さんの絵だと思う。又八の視点が入ってくることで武蔵の過去も語り直されてる感覚も好き。

  • 絵がだんだんすごくなってきた。もともと上手いが迫力が。又八の嘘で塗り固められた半生。母親の死と同時に自分の存在をあるがまま見つめ武蔵の語り部になる。奥が深すぎて読み解くのは大変です。

  • 久々の伊藤一刀斎の登場。巌流島の決闘も早く見てみたいが、宮本武蔵の理への追求のほうが気になる。あと、おつうが今後宮本武蔵とどうなっていくのかも気になる。

  • 哲学的な32巻。ちょっと難しかったなぁ。

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井上 雄彦(いのうえ たけひこ)
1967年、鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身の漫画家。
1988年、手塚賞入選の「楓パープル」でデビュー。1990年連載をはじめた『SLAM DUNK』は日本のバスケブームの火付け役となり、1995年第40回小学館漫画賞を受賞。2004年に国内発行部数1億部を突破、いまなお「完全版」など再発されては版を繰り返している。2006年、「日本のメディア芸術100選」においてマンガ部門1位を獲得。
『バガボンド』は文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞文化賞をそれぞれ受賞。

井上雄彦の作品

バガボンド(32) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする