きのう何食べた?(4) (モーニング KC)

  • 講談社
4.13
  • (388)
  • (496)
  • (217)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 3982
レビュー : 249
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063729429

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンロがほしい。せめてあとひとつ。ふた口コンロなら、⚪︎⚪︎しながら△△ってのができるし。
    もう、メニュー名だけで、ヨダレでちゃう(〃∀〃)♪

  • いいねぇ
    じんわり好きです

  • 手羽先と大根の煮込みはこれを見てから何度か挑戦しているけど、なかなか上手くいかない。まぁ、レシピ通りに作らないからだけどね。
    私も一時期、天ぷらに凝っていた時期があったけど、確かにかき揚げは難しかった。

  • シロさん自身がちょいちょい認めているけれど、ケンちゃんのほうがシロさんより大人なときがありますよね。他人と暮らすのは同性だろうが異性だろうがカップルだろうが友達だろうが結構大変なことなので、どこまで歩み寄れるか、妥協できるか、難しいことをさらっとできるケンちゃんはさりげに素晴らしい。

  • 昔読んだことがあるけど、いつだったか忘れたので、再読した日を読了日に設定。

    最初の数話は、ゲイカップルならではの話しでなかなか考えさせられる。

    長ねぎのコンソメ煮が簡単そうでおいしそう。
    リンゴのキャラメル煮が作るのは大変そうだけど、おいしそう。

  • 40代のイケメン弁護士と美容師のゲイカップルが主人公です。ドラマのような展開はなく、日常生活が淡々と描かれていて、リアルだなぁって感じます。調理のシーンに力が入っていて、とっても参考になります。自炊に目覚めたので、作りたくなりました。
    でも、お互いを思いやる気遣いが細やかですね。ゲイカップルって、こんな感じでしょうか?見習わないと、いけませんね。

  • 4巻はちゃんと弁護士やってたり、
    佳代子さん家族との絡みが結構あったりと
    リズムがあって面白かった♪


    そして、毎度ながら
    美味しそうな料理達!!
    リンゴのキャラメル煮は是非作ろうと思います♪
    しょうが焼きも素敵ー。

  • 地味な料理マンガ・・・のはずが、どうしてこんなに面白い(笑)。地道に生活するごく普通の中年ゲイ夫婦を愛情とユーモアたっぷりに描いて秀逸です。

  • レシピマンガと割り切り読み終えたら手放す対象かと思っていたがかなりなめていてゴメンナサイ。シロさんがいろいろ心に痛いよ、おおむね良い意味で。

  •  シロさんが格好いい!と思える日が来た。

全249件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

きのう何食べた?(4) (モーニング KC)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする