聖☆おにいさん(6) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (666)
  • (669)
  • (354)
  • (37)
  • (2)
本棚登録 : 6411
レビュー : 347
  • Amazon.co.jp ・マンガ (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063729627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずシュールで素晴らしいことです。一番心にどきゅんときた台詞は「鳩サブレーをくれないと いたずらするが どうか?」でした。ハロウィン……シュール……!

  • 目覚めた人ブッダと神の子イエスは、相変わらず絶好調に神々しいアパート暮らしを満喫していた。天界の誰もが夢中になるスポーツや、ブッダとイエスのカラオケでの選曲、海に行ったりと気になる騒動は盛りだくさん。

  • 天使のデス声_____。
    ホルモンちゃんを熱唱してほしい♡

    天地創造の時にすべての生き物に名前をつけた
    天界の糸井重里と呼ばれている"アダム"。
    代表作は『女』.........さすが大御所w

  • 表紙があったかくてすき。
    末っ子コンビにきゅんきゅんしました。

  • 盆休みに3巻から一気に大人読み。
    不謹慎でおかしい。読後ほっこりするのは神二人がやさしいからだろうなあ。

  • なんだか小ネタがどんどんマニアックな方向になってきてる気が…。

    これ読むと聖書とか仏教の本とかちゃんと読んでみたくなるのは私だけ?

    とりあえず手塚治虫のブッダじゃだめかね?

  • 2010-12-25

  • まさか今日、発売するとは。

  • イエスとブッダの地上(立川)でのバカンス生活、6巻め。爆笑するところはなかったけど、相変わらずまったり面白い。

  • ・ダンテ 神曲など 小ネタを挟んでくる。学識あってよかった〜

全347件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(6) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

聖☆おにいさん(6) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする