僕はビートルズ(4) (モーニング KC)

  • 講談社
3.81
  • (12)
  • (33)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 252
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063729894

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絶対的な(とその人が思う)ものは、強さを与えることもあれば、絶望させることもある。

  • コピーが本物を越えれるのか。
    そして本物はどーなるのか。
    毎回先が気になりすぎる。

  • 2人より3人、3人より4人。

  • “ジョン、ポール。「ファブ・フォー」の『抱きしめたい』はどうだった?”
    イギリスのレコード会社との契約のため渡英したマキは、マコトの依頼でビートルズとキャバーンを見るためリヴァプールを訪れる。
    しかし、そこでマキを待ち受けていたのは衝撃の事実だった!

  • ついに世界デビュー。

  • 新曲の発売、ドラム・コンタの加入とますます勢いにのるファブ・フォー
    その勢いはビートルズ誕生の地、イギリスまで拡大する

    イギリスでのレコードデビューが決まったファブ・フォー
    契約をまとめた卯月はマコトのアドヴァイス通り、リバプールのキャバーンにビートルズの演奏を聞きにいく。
    が、先月から突如としてビートルズは姿を現さなくなったという。
    その時期はファブ・フォーの曲がロンドンでOAされた時期と重なるが・・・・・・

  • ラストで、いよいよ来たか…という緊張の展開に。
    いったいこの物語、どんな結末でまとめてくるのだろうか。
    まだまだ、はやいけれど。

  • あまりにもみんな、音楽のことがわかりすぎだろうとか思うのですが、これぐらい感じるものなんでしょうか?
    このあたりは、音楽に鈍感なわたしには、判断できないな~。音楽以外にも、鈍感ですが……。

    最後、電話してるのは、ジョン・レノンですよね。えらくショックを受けているのはもう、ファブ・フォーの曲が伝わったのでしょうか?
    それとも、別の衝撃があったのか?

    歴史を知っているが故のドキドキというのもありますね。

  • ファブ・フォーのレコードはとうとう世界に流れ出す。
    後半は、芸能プロダクションの社長 マキが、ビートルズデビュー前のリヴァプールを訪れ、衝撃の事実が描かれる。
    もう、時代は変化しはじめているのだ。

  • ありがちなタイムスリップから物語が始まり、何だかなーと思っていたが、巻を重ねる毎に、BEATLES以前の国内音楽事情等の時代考証が丁寧に描かれおり、今は、ストリー展開に引き込まれています♪

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

かわぐちかいじ

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。
06年には『太陽の黙示録』で第51回小学館漫画賞、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞。

「2017年 『ジパング 深蒼海流(18)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわぐちかいじの作品

ツイートする