怪物王女(1) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (45)
  • (48)
  • (182)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 663
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063730104

作品紹介・あらすじ

命の恩人は、怪物の姫だった!

不慮の事故によって、命を失ったヒロ。
謎の少女「姫」の血を飲むことによって、ヒロは死から生還する。
しかし、不思議な血の力によって死から蘇った少年を、
血の戦士としての戦いが待っていた。
姫は、怪物と呼ばれる異形の者たちを統べる王族の一員であったのだ。
王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による殺戮の嵐。
策謀と憎悪の渦に、姫とその血の戦士は飲み込まれていく。

平凡な少年、ヒロは交通事故によってその命を失う。謎の少女「姫」の血を飲むことによって、ヒロは死から生還する。しかし、不思議な血の力によって蘇った少年を、血の戦士としての戦いが待っていた。「姫」は怪物と呼ばれる異形の者たちの頂点に立つ王族の一員だったのだ。王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による殺戮。策謀と憎悪の渦に、姫とその血の戦士となったヒロは飲み込まれていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 交通事故で生命を落とした少年・ヒロは、「少女の血を受けること」で生き返った!その少女は、少年の姉が住み込みでメイドをしている屋敷の主。そして、なんとその少女は、「怪物と呼ばれるすべての異形の者どもの上に君臨する王の娘」だったのです!!
    その日からヒロの、王女と怪物とアンドロイドにまみれた日々が始まる!!

    物語はだいぶ唐突に始まるので、最初は状況を理解するのに時間がかかるうかもです。設定はわかるけど、展開はまだ1巻だけではよくわからない感じでした。

  • 常にハロウィンな表紙がかわいい。主人公がけっこういつも痛そうなめにあっている。吸血鬼じゃないんだねーてっきりそうかと。おまけ漫画がかなり好き。

  • 所有
    なんか、いろいろと要素をつめている感じが良い。
    かなり好きな漫画。

  • 光永康則

  • 独特の雰囲気を持つ漫画。1話完結かと思いきやしっかり繋がってたりする。王女の敵を倒す前の見開きが美しい

  • はずした気がする。

    絵がキャラっぽすぎて現実感がない。
    話が唐突。
    細かい設定はいいからとりあえずオイシイところを描きたい!
    ・・・・という気持ちを感じた(笑)

    4巻まで読んだ。

  • お姫様がチェーンソー持って戦うような・・・話?服装がいまいち姫っぽくないけど。謎っぽい話がいい。そんでもってリザが可愛い。姫ちゃんカッコイイ。一番好きなのはケルベロッテちゃんだけどね!

  • 4063730107  206p 2006・12・19 8刷

  • 天上天下唯我独尊的な王女とその下僕にされた男の子の話?
    残念ながらそこまで興味を魅かれなかった。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

静岡県浜松市出身。
「ビッグコミックスピリッツ」増刊号(小学館)でデビューし、上京。
主に中原裕氏のアシスタントを務めたのちに、「月刊サンデーGX」(小学館)にて『トラフィッカー』を連載開始。
代表作は、『怪物王女』、『南Q阿伝』、『アヴァルト』、『カコとニセ探偵』など多数。

「2021年 『時間停止勇者(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光永康則の作品

怪物王女(1) (シリウスKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×