将国のアルタイル(1) (シリウスKC)

  • 講談社
3.88
  • (113)
  • (119)
  • (125)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 1044
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063731125

作品紹介・あらすじ

ここではない世界、いまではない時代。
将軍(パシャ)と呼ばれる為政者たちの治める
草原と砂漠の国・トルキエ将国。

隣国・バルトライン帝国との戦争から12年、
交易で得た巨万の富をもって復興を遂げたトルキエに、
再び帝国の魔の手が迫る・・・。

就任10日目の新米将軍・マフムート、犬鷲・イスカンダルを相棒に
国家間に渦巻く陰謀と策略を切り裂く!

かねてより対抗してきたトルキエ将国とバルトライン帝国。ある夜、帝国の大臣が暗殺され、二つの国は一触即発状態に!開戦を望む将軍たちの中、マフムートは暗殺の裏に潜む事実に気づく!!国を守り、人を信じ、動乱を平和に導くため、若き少年将軍マフムートの戦いが、今、ここに始まる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人から借りて8巻まで読みました。
    とにかくこの作品、作者の感性と合わない人には中々作品世界に
    浸れないです。歴史、策略、成長する主人公を中心とした知略戦。

    一見壮大な歴史ファンタジー大作にも見えますが、
    「大作」と呼ぶにはこの作者の感性、表現力と読み手を選ぶ作風な為、
    同じ感性がないと少々辛い物があります。逆を言えば同じ感性を持つ読者には堪らない一品と言えます。


    特にこの一巻はまだ画力が未熟でヘタすると同人誌のような印象があります。装飾品、建物などは既に趣味が反映され水準以上の描画力ですが、残念なことに肝心の人物描写が勿体なく、同人くさいデフォルメ、表現、人物の感情描写などが薄っぺらく、

    前記の建物、装飾、歴史背景など人物よりもそういう物に興味がある、または主人公マフムートに共感できないと次を読もうという気持ちが起きない恐れがあります。

    ただ、2巻以降は人物の感情描写や戦略の妙味が上がり、魅力的な脇役も多数登場しますので、一巻で

    「あ、合わないなこれ」

    と思った人はまず3巻までは読むことをお勧めします。

    かくいう私は、8巻まで読み
    作者の感性と合わない、主人公に魅力を感じない(主人公が好きになれる人は私と正反対の感想だと思います)
    ストーリーに突っ込みどころ多すぎる。

    という理由から

    面白いけれど絶賛するのは難しい作品。
    この作品は人を選ぶ。

    という結論がでました。
    8巻までにはもっと★の評価もあがりますが、
    1巻の評価としては★2です。

  • 将国と帝国のシーソーゲーム開始!

  • ビレバンで一目惚れ(笑)ファンタジーとしても軍事ものとしても面白いです!

  • エキゾチックな地政学&国家戦略アクション漫画…と言ってしまっていいのだろうか(笑
    専門知識がないので、そう言ってしまうけれど、見る人が見れば、マダマダ甘いのかも…。でも素人のアタマでは十分に楽しめます。
    トルコ周辺をモデルにした架空の国の話ですが、実際の歴史がモデルになっている故か、ゴリゴリの戦略アクションとしての楽しみがあります。
    おそらくファンタジーに分類されるのかしらん。剣(…は、あるか、笑)と魔法!って感じじゃないのが、好ましいです。
    色々と武器が出てきますよ、好きな人はきっと好きだぞ、これは!

    舞台が舞台だけに、将軍→パシャ とか、 ご主人様→パドローネ とか、独特な呼称が中2的な何かをくすぐりますね!笑  素敵!
     
    1、2巻は前置きのような感じ。3巻以降、物語の厚みと加速が増します!
    そして巻を重ねる毎に、書き込みも増し増しに…!
    (最初は結構キャッチーな絵だったのですが、段々凄みが増してきます…おおお…)
    戦争、外交、内乱…というテーマを、熱くストイックに描いているのに、好感が持てました。変に、ギャグとかキャラに寄った描写がないのが良いです。重いのが、良い!重くてナンボ!
     
    久々に、力の入った大河漫画に出逢えた感満載!

  • フォロワーさんの呟きで知り、気になっていた漫画。架空の歴史軍事物。物語の地盤がしっかりしていて、テンポも良いのでサクサク読み進められる。敵との戦いの駆け引きなども臨場感があってわくわくする。何といっても絵が綺麗。アラビアンチックな衣装も装飾も凝っていて、眺めていてうっとりする。ページを捲る手が止まらないくらい面白かった。そしてマフ君が、マフ君がかわいいです…

  • 8巻まで一気読み。
    (星は1から8巻込みです)

    巻を追う毎にはまっていきます。
    絵もきれいだしキャラクターも好みです。ストーリーに都合がよいような感はあるかもしれませんが気持ちよく楽しめるのでよし。

  • 表紙と評判は気になっていた
    シリウスをちょくちょく買い始めてその気持が肥大化し、
    散財のついでに一気買いしてしまった!
    結果は大正解!
    1巻読んでる間ずっとわくわくしっぱなしだったよ!


    以下ネタバレ-----------------







    主人公マフムートは最年少の将軍である。
    将軍とはトルキエ将国で上から2番目の地位であり、13人しかいない。
    12歳で登竜門な試験に合格し4年後には最高の地位へ。
    すごい!

    けどまだ大きな会議に初めて出席した時点で着任歴が10日!
    新米である、その上若造(計算すると16歳くらいか)。
    なのでまぁいろいろあるけど頑張ってるよ!

    この国の要職の人はみんなハガレンでいう二つ名みたいのがある。
    マフくんは「犬鷲」である。
    鷹師みたいなね。
    かっこいい!

    この漫画の見所は国のトップにいる人間が頑張って大国やら陰謀やらに立ち向かうというストーリー、魅せる絵、登場人物の心情である。

    まだまだ1巻だけどもう1巻!すごく面白かったのでこの調子で読み進める。
    他の将軍やその二つ名、各々の思惑。
    非常におもしろいのでぜひ読んでくりゃれ!

  • アニメを全て見た状態での感想です。
    青い!マフくんがとっても青い!自分は絶対に正しいと信じて、とにかく自分の感情を優先に動いているマフくんが逆に新鮮でした。
    1巻からもう絵が綺麗でビビります。どんな瞬間のマフくんも麗しくて、ザガノスのワカm…髪の細かさやっばいですね…。あと布の質感が伝わる描き方が個人的にツボです。
    イブラヒムとマフくんの友情がアニメより細かく描かれていて、且つ漫画だとじっくりゆっくり自分のペースで読み進めることができるので、『友達』としてのマフくんの心情を思うとそりゃそうしてしまうよなぁと。意識高すぎて空回ってる優等生と、ガス抜きがうまい優しい凡人っていう王道の組み合わせ最高です。最後のコマが人も鳥も可愛くて可愛くてずっと眺めていられる。
    先は知っているわけですが、アニメではカットされた部分、けっこう前なので既に忘れている部分も多いと思うので、もう一度ワクワクしながら読んでいきたいです。

  • コミック

  • ここではない世界、いまではない時代。
    将軍(パシャ)と呼ばれる為政者たちの治める
    草原と砂漠の国・トルキエ将国。

    隣国・バルトライン帝国との戦争から12年、
    交易で得た巨万の富をもって復興を遂げたトルキエに、
    再び帝国の魔の手が迫る・・・。

    就任10日目の新米将軍・マフムート、犬鷲・イスカンダルを相棒に
    国家間に渦巻く陰謀と策略を切り裂く!

    かねてより対抗してきたトルキエ将国とバルトライン帝国。ある夜、帝国の大臣が暗殺され、二つの国は一触即発状態に!開戦を望む将軍たちの中、マフムートは暗殺の裏に潜む事実に気づく!!国を守り、人を信じ、動乱を平和に導くため、若き少年将軍マフムートの戦いが、今、ここに始まる!!

全105件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

カトウ コトノ
6月15日生まれ。双子座。O型。新潟県在住。
月刊少年シリウス2007年4月号に掲載された、第5回シリウス新人賞入選作「アナスタシアの親衛隊長」でデビュー。
月刊少年シリウス2007年9月号より「将国のアルタイル」を連載中。
2017年に第41回講談社漫画賞<少年部門>受賞。


「2018年 『将国のアルタイル(21)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

将国のアルタイル(1) (シリウスKC)のその他の作品

カトウ・コトノの作品

将国のアルタイル(1) (シリウスKC)に関連する談話室の質問

将国のアルタイル(1) (シリウスKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする