バンパイヤ(2) (手塚治虫文庫全集)

著者 :
  • 講談社
4.18
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063737837

作品紹介・あらすじ

バンパイヤと人間。両者の運命はーー!? ついに決行されるバンパイヤ革命! 革命を操るロックの心の闇とは? トッペイの運命とは? バンパイヤの掟で繋がった二人に決着の時がおとずれる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは、なかなかの傑作では。
    特に、第2部の導入の仕方が、凄いなぁと。

    でも、「どろろ」と同じで途中で終わってしまいます。

    続き、読みたい。

  • 半端なところで未完になっていて本当に残念。
    未完部分の構想ノートとかシノプシスとか残ってないのかな。それでいいから読みたい。

  • ついに決行されるバンパイヤ革命! 革命を操るロックの心の闇とは? トッペイの運命とは? バンパイヤの掟で繋がった二人の因縁に決着の時がおとずれる!! 他、化け猫伝説を甦らせた第二部も収録!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

ツイートする