魔法使いなら味噌を喰え!2 (講談社ラノベ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063752236

作品紹介・あらすじ

魔法学校に通う高校生・八丁屋将太。彼の家にはマジエール公国のお姫様・アルテミシアが住んでいる。味噌を食べ続けるという生体実験のために。なぜそんなことになったのか。その理由は将太の持つ力-「MISOキャンセラー」が、味噌を食べ続けた結果得ていたものだったからである。今日も魔法使いにとっての天敵・味噌料理をアルテミシアに振る舞う将太だが、宅配便業者を装った少女に突如拉致される。その正体は、異世界である真界のお姫様で-。読むと味噌味が恋しくなる魔法&味噌コメディ、第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1人増えたと思ったら、増えなんだ。
    ゴツイおっさんがもっと活躍したらおもろかったのにな。

  • やはり味噌汁飲みたくなるな!w
    2巻は真界からのお姫さま、リズが来てのドタバタ劇。
    作者さんがあとがきでも意識したと書かれておられたけど、絆としがらみがいい具合に絡んで面白かった。
    読み終えてみると、それほど変わったお話ではないと思うけど、満足感は高い。
    あとシロウさんの絵! やっぱいいわー!!
    今にも動き出しそうなシロウさんの絵は本当に魅力的。
    今回も1巻同様、お話に絵に魅力的で満足のラノベでした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

広島出身、秋田在住のライトノベル作家。

「2020年 『実は俺、最強でした?(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澄守彩の作品

ツイートする