冷たい校舎の時は止まる(1) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.28
  • (16)
  • (21)
  • (56)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 345
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063755985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • 【あらすじ】
    雪の降る登校日、いつも通りに教室に向かった8人の仲間達。だが、そこに待っていたのは誰もいない教室だった……。閉ざされた扉、割れない窓ガラス、止まったままの時計。理解を超えた事態に戸惑う彼らに、静かに悪意が迫る――。

    【感想】

  • アナザー捻りの設定は良いのに途中から画が雑に

  • 表紙に騙された…

  • 小説だったのを知らずに読んだけれど、面白かった。
    どうなるんだろうって。
    ただ終盤からは尻すぼみした感じが否めない、かなー

  • 辻村深月のデビュー小説の漫画版を『四月は君の嘘』の新川直司が漫画化。原作の冗長な部分を上手くまとめていて,はなしの内容を知るうえでわかりやすい。

  • ランゴリアーズ

  • もともと、原作が好きで、本屋で見つけて衝動買い!

    漫画化や、映像化は無理かなーなんて思っていたけど、その辺含め上手くかかれていたと思います。

    ただ、漫画化するにあたって、ページ数等の問題から少し内容が簡素にまとめられすぎていたような気がします。
    また、内容が変えられているところもあり、好きな言葉や、シーンが削られてしまったりしていたところは残念です。
    まあ、言ってしまえば、原作がやはり一番だということです

    しかし、小説を初めて読んだときに感じたようなゾクゾク感、鳥肌がたつような感じを再び感じることができました。
    小説を読み返したいと思います。
    また、これを読んで原作を読む人が増えてくれると嬉しいです。

  • 2008年~2010年にかけて月刊少年マガジンに掲載された、辻村深月の同名小説のコミック版。「四月は君の嘘」で売り出し中の新川直司の初連載作品、という意味で読む価値がある。KCDX全4巻。

  • 媒体の違いを超えて。
    原作贔屓をしたくはなるが、漫画として上手く昇華されていると思う。
    ただ、あやめちゃんと景子ちゃんの改変は少し納得いかないかなあ……。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新川直司 2008年『冷たい校舎の時は止まる』(原作/辻村深月 全4巻)でデビュー。
著作に『さよならフットボール』全2巻、『四月は君の嘘』全11巻。短編集『四月は君の嘘 Coda』。『さよなら私のクラマー』全14巻。

「2021年 『さよなら私のクラマー(14)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新川直司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

冷たい校舎の時は止まる(1) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
ツイートする
×