冷たい校舎の時は止まる(2) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (9)
  • (12)
  • (34)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 225
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063755992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • 【あらすじ】
    雪の降る登校日、校舎に閉じ込められた8人の仲間達。他のクラスメイトは、担任の榊は、どこへ行ったのか? ある者は考え、ある者は行動し、ある者は自分を疑う……。だが、彼らを嘲笑うかのように、時計は動き出し、充が消えた!?

    【感想】

  • どうして7人は校舎に閉じ込められたのか。ほんとうに深月が自殺をしたのか。謎は深まるばかり。

  • BOOK-OFF 100円

  • 謎は深まるばかりで

    なぜ校舎に閉じ込められたのか
    なぜこのメンバーなのか

    自殺した人はこのメンバーの中にいるのか


    謎過ぎます
    でも惹かれます

  • これを途中まで読んで、原作から読もうと思った。絵が受け付けない。

  • 意外に昭彦がかっこよく描かれてた。
    榊はかっこよさそうだけど、菅原はもっともっとかっこよくても、とか思った。コミックでは清水が一番いいかも。
    でも本命は菅原です。

  • 2巻で終る!と勝手に思っていたので続いてショックw続きが気になるではないかー

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

新川直司 2008年『冷たい校舎の時は止まる』(原作/辻村深月 全4巻)でデビュー。
著作に『さよならフットボール』全2巻、『四月は君の嘘』全11巻。短編集『四月は君の嘘 Coda』。『さよなら私のクラマー』全14巻。

「2021年 『さよなら私のクラマー(14)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新川直司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×