×××HOLiC(16) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (171)
  • (156)
  • (104)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 2075
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063758511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    『夢は強く願えば叶うならおれは、侑子(ユウコ)さんとまた逢いたい』……“もうひとつの世界での選択”の結果、四月一日(ワタヌキ)の『存在』を心から願いながら闇へと消え去った侑子。彼女と再び逢うべく、四月一日が下した衝撃の決断とは!?オカルティック不思議コメディ第十六弾!!

    【感想】
    侑子さんが会えるまでお店で待つ。自分がお店を継ぐ。四月一日がそう言った時には、すごく驚いた。そんなことができるのかと思った。それよりもまず、侑子さんはどこで何をしているのだろうというのが気になったけれど、四月一日には何かが視えたり感じたりする能力がある。それに、四月一日には謎に満ちた過去もある。だから、きっとお店を継ぐことができたんだと思う。この先どうなるのかが不安だなあと思う。侑子さんはどこかに閉じ込められていたり、何かと闘っていたり…何かを守るためにがんばっているから、帰れないのかなって思った。もしそうなら、それが達せられるまで、四月一日はお店を守り抜いて欲しいと思った。百目鬼やひまわりちゃん、小羽ちゃんたちの力を借りて…。

  • 店を継ぎ、消えた侑子のことを待ち続ける決意をした四月一日。
    マルとモロまで消えてしまわなくて良かった。

    三味線だろうと猫だろうと“女”は“女”なんだなぁ。
    三味線弾きの語る“覚悟”は占い師のおばあちゃんの“覚悟”と似ていて、本物の人たちは皆“覚悟”を持っているんだな、と思う。
    侑子もそうだったし、きっと四月一日も。

    やっぱり、遥さんは格好良い。
    侑子が百目鬼に託した卵は何の為のものなのか気になる。

  • 四月一日が侑子の店を継ぎ、『籠』編が始まる。…ホリック・ロウはクロウ・リードにつながるのか?
    最近再読。
    四月一日と百目鬼はこの雰囲気が似合いすぎていて夫婦感が半端ない。

  • CLAMPの"×××HOLiC"の第16巻。侑子さんのいない店を守りながら、この場所で侑子さんを待つと決めた四月一日の新たな選択の物語です。願いの対価のもらい方を、それこそ身体で覚えていく四月一日を心配する百目鬼、小羽、ひまわりが…本当に良い人に囲まれてます。四月一日の性格がだいぶ変わって見えて、最初はちょっと戸惑いました。心から侑子さんに心酔してるんですね。四月一日の選択が正しいものだったのか、何も孵らない卵をたくされた百目鬼は何を選択するのか続きも気になります。みんなの選択が幸せに繋がりますように。

  • この間から、店主が四月一日になってしまう。侑子さんにまた会うために、店を継いで、いろんな人の願いをかなえながら待つことに。

    最初の願いとして描かれるのは三味線。猫も人も変わらず、最愛の人の最後の人でありたいという純粋な思いを持っているということ。最初にふさわしい、のんびりした話だった。

  • 店を継ぎ、侑子を待つ事を選んだ四月一日、訪れたのは三味線についての依頼。
    第16巻からの四月一日がとても艶やかで色っぽい。

  • 2011.02.09

  • 四月一日、店を継ぎます。「ツバサ」で選んだ対価って、こうなるのかー。しかし、けしからーん!四月一日のあの色気はなんだ⁈まっこと、けしからーん!色っぽ過ぎ!年も取らなくなって、力も増しました。百目鬼は、大学生に。もう、あのヘニャヘニャした四月一日は、居ないんですね。
    しかし、四月一日の着崩した侑子さんの着物や、チャイナ服が色っぽいです!特に着物を羽織って、煙管をふかしてると…むはーっ!

  • 侑子さんがいなくなったその後です。が、まだ連載は終わりません
    依頼者達は侑子の存在を忘れても、依頼者ではない四月一日のまわりの人たちは侑子の存在を忘れていません
    それは侑子の願い。
    そして侑子の願いをかなえるべく存在しているのです

  • 侑子さんが、ほんとうに居なくなってしまったんだなと。

    それに、ひまわりちゃんがあれから全く登場してこない。元気だよ~みたいな事も。

    気がつけば、どうめきは大学生。こはねは中学生で、かなり背が伸びて、時間の流れを感じました。わたぬきも、変に落ち着いちゃって。自分は、どうめきや、モコナにわめいてる、わたぬきが好きだったな。

×××HOLiC(16) (KCデラックス)のその他の作品

CLAMPの作品

ツイートする