近キョリ恋愛(6) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.03
  • (33)
  • (31)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 350
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063758665

作品紹介・あらすじ

天才少女・枢木ゆにとイケメン教師・櫻井ハルカ。ふたりが巻き起こす、キケンで笑えるツンデレ☆ラブストーリー!!

―もう2人は、ただの”先生と生徒”。―櫻井から突然別れを告げられたゆに。砕けそうな心を隠し、どんなに明るく振る舞ってみても、好きな気持ちは募るばかり…。そんなとき、ゆには球技大会で倒れてしまうのです―!いつだって波瀾万丈、禁断(?)恋愛コメディー第6巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とりあえずこの巻までしか家になかったので読むの終了。

    まとめると
    主人公の女の子は超天才少女でスポーツも信じられないぐらいの万能。どれぐらい万能かというと球技大会でその子がいるだけでそのクラスが勝ってしまうぐらいで、その為に他のクラスの奴に体育倉庫に閉じ込められるぐらい万能。そんで家も金持ち。豪邸。で、当たり前のように美少女。
    その主人公の家族は父親はマジシャンだったかのおっさん。チョイ悪オヤジみたいな格好。
    母親も美人。17で妊娠したらしい。
    弟が一人。まだ小学生だか幼稚園児だかだけど美少年。不思議な力をもっていてちょっとした超能力や催眠術が使える。主人公の姉を気遣って彼氏が家に来た時に家のブレーカーを落としたりとかもする。

    主人公の彼氏は超イケメンの英語教師。女子生徒から異常なほどの人気。
    その父親は超有名俳優。しかし隠し子なのでその事実は隠している。
    その彼氏と同級生かつ同じ学校の教師である女もスタイル抜群で超美人。でもコスプレマニアで美女扱いは登場時だけであとは主人公を色々助けるだけのババア。
    そんでその彼氏の昔の彼女は彼氏が学生時代に教えていた美人教師。
    巡り巡って同じ学校の教師となる。

    主人公の幼なじみは今売り出し中の若手人気俳優。イケメン。スポーツも万能。

    主人公の親友は普通の女の子♪ と思いきや伝説の不良だったらしい。喧嘩最強。ヤンキーを卒業した今でも彼女の名前が売れてる為、彼女を倒そうと数々の不良に絡まれたりするらしい。
    その親友の彼氏もイケメン。でもイケメン扱いは登場時だけであとは空気。

    まあこんな感じのステキな美男美女達で繰り広げる恋愛劇。
    取り敢えず毎回なんかちょっとしたすれ違いが起きるけどすぐに仲直りするだけです。ずっと同じ展開で飽きる。1巻だけで十分だし、1巻も読む必要ないわ。

  • ゆにとハルカちゃんが別れてからの球技大会。なんだかんだでまだゆにの事好きなハルカちゃん。ゆにの元に戻ってくるの案外容易かったからビックリした。でもゆにが純粋な高校生らしくて可愛かった。ナミちゃんにバレたクリスマスと初詣。ナミちゃんの前での告白可愛かった。初詣のあとの家の前での久しぶりのキスにキュン。ナミちゃんの本名が名波菊子だってことに驚き。ゆにのママ17歳で赤ちゃん出来たことにも驚き。

  • ストーリーにスパイスが効いてきていい感じですが、個人的にはパロディいらない…。
    シリアスなシーンでこれをされると没入できなくなります。

  • 結構男前なユニとそれについていくハルカ。

  • あっさり仲直りしたゆにとハルカ。まあこうなるだろうなとは思ったけど、このくっついたり離れたりが完結まで繰り返されるのかなあと思うと・・・(苦笑)
    番外編でゆにの寝言かわいかったー。

  • レンタル。
    コナンと咲の見分けがつかない!
    先生もあっさりゆにの元に戻ってきてなんだかなあ。

  • ゆにの行動面白すぎる((笑

  • 前巻の最後でハルカに別れを告げられたゆに。だが理由もなくそんなことを告げられても納得できるはずもなく、悩み体調を崩してしまう。そんなとき、球技大会でのゆに(スポーツ万能)の活躍を阻止しようとする他クラスの生徒によってゆにが行方不明に。コナンとともに必死でゆにを探し見つけたハルカだったが、気絶しているゆにをコナンに任せたまま、その場を立ち去ってしまう。ハルカの思いもまたゆにに向いているはずなのに、なぜ、別れを告げたのか。コナンの中で深まる謎。一方そのような事情を知らないゆにだったが、自分はハルカが好きという思いを確認し、毎日伝えるようになる。それでもつれない態度のハルカだったが、峰藤とコナンのアシストにより何とか仲直り。
    それでもやっぱり秘密の恋は障害が多い、デートするのも一苦労。クリスマスにも初詣にも邪魔が入るのですが、そのたびに思いを確認しあう二人、といった内容です。
    こんかいはゆにのツンンツンぶり以上に、ハルカの心のもやもやでゆにのほうが振り回されている状態。でもゆにを逃したら幸せにはなれるはずもないと気付いたハルカ。
    中身はカッコ悪いけど、外見とかっこつけようとするところはカッコイイです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月18日生まれ。おうし座。AB型。『SHES ALL THAT』で第18回BF新人まんが 大賞佳作を受賞してデビュー。代表作は、『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』。

「2018年 『午前0時、キスしに来てよ(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近キョリ恋愛(6) (KCデラックス)のその他の作品

みきもと凜の作品

近キョリ恋愛(6) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする