ITAN 零号 (KCデラックス) (KCデラックス BE LOVE)

  • 講談社
3.27
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063758948

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • hontoで無料になってたから読んでみた〜!テンペストこんなはなしなのねえ!

  • 吟鳥子さんとびっけさんが好きで読みました。
    他もおもしろいなと思ったのはあったけど、ヴァンパイア特集と言われれば首をひねってしまうかも…。

  • 2010/4/16購入・6/28読了

    吸血鬼作品は2作品程度しかなかったものの、
    全体的に読み応えのあるものが多く、
    大満足でした。

    「ヴァンパイア特集」というふうに銘打って、
    そういうのを好きな人の目をひきつけるというのは、
    いいアイディアかと。

    ■吸血児シグマくん 1滴目 大石フジコ
    漢字が書けないのは可哀想

    ■赤の世界 びっけ
    震わせられた

    ■7つのくるり 潮見知佳
    吸血鬼特集に入れていいのかな・・・
    感動もの

    ■nagi 吟鳥子
    血を吸うことで知識を知るというので吸血鬼特集に入るのは納得

    ■the Last Walkers 及川亜子
    味があって結構好きだった

    ■へびつかいのそら 千代田みく郎
    そういえば最近のITANであんまり見ていない気がする(戦隊モノで出ていた気もする)
    結構読み易かった印象

    ■テンペスト 阿仁谷ユイジ
    姫がひたすら可哀想

    ■隠慎一郎の電気的青春 ツナミノユウ
    どんどん目立つ

    ■昭和元禄落語心中 雲田はるこ
    主人公が明るいお話はいい 気分良くなる

    ■福耳美ブラザーズ 南国ばなな
    こういう始まりだったなー

    ■星河万山霊草紙 鈴木有布子
    読み切りシリーズで始まったのだったっけ。
    雰囲気がすき

    ■伊坂家男子s イシノアヤ
    なんで日本の銭湯に富士山じゃなくてチョモランマが・・・

    ■梅鴬撩乱 会田薫
    最近は侍の方にシフトしちゃってるけど、あんまり此の糸がピックアップされんくなってるな・・

    ■まばたきはそれから 田中相
    わたしにはこれから

  • ちっともヴァンパイアじゃない。

  • BL同人作家を寄せ集めてみた、的な?<br /><br />やはり今女性作家は圧倒的にBLの同人市場に集まっているようで、おそらくそこから才能を見つけるべく創られた新雑誌。<br />雑誌とは言いながら、サイズは一般的なアンソロジーコミックと同じような小さなサイズで、持ちやすい。<br />書店でもアンソロジーコーナーに並んでいることが多いようだ。<br />中身も、アンソロジーっぽい特集を毎回組むようで、今回のテーマは「ヴァンパイア」。正直「?」と思うようなテーマで、実際そのアンソロ部分の出来はイマイチ。<br /><br />しかし、他は結構な粒ぞろいで、読ませる。<br />個人的に気に入ったのは、「落語心中」と「テンペスト」。特に前者は技量といい、話のセンスといい、完璧。なんでこの人がイマイチ無名だったのか謎。傑作の予感。<br /><br />雑誌として考えたら、800円というのは、少々値が張るが、季刊ということなので、十分買ってイイレベルかと。<br />次も出たら買おう。

  • 特集:ヴァンパイア とあるけれど、ちょっと弱い。
    わがままな雑誌、できちゃいました と帯にあるけどそんなにわがままではないのでは?

    中身は良かったです。
    続きが気になる作品が多かったので次回が楽しみ。
    特に阿仁谷ユイジさんと雲田はるこさんがよかった!

    この雑誌がどう化けていくのか気になります。

  • 絵はキレイだけど、話も面白いけど…私はこれを吸血鬼特集とは認めたくない…少なくとも表紙の絵でイメージするような一般的吸血鬼はこの本の中に一人も出てこない。「吸血」という単語が登場する作品すら1,2作品?
    吸血鬼特集なんて書いてなかったら普通に面白いので★5つでもいいけど私は吸血鬼の話が読みたかったんだよ…!!

全9件中 1 - 9件を表示

阿仁谷ユイジの作品

ツイートする