ルー=ガルー 忌避すべき狼 完全版(1) (KCデラックス エッジ)

著者 : 樋口彰彦
制作 : 京極 夏彦 
  • 講談社 (2010年8月17日発売)
3.93
  • (3)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063759686

ルー=ガルー 忌避すべき狼 完全版(1) (KCデラックス エッジ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学のとき読んだ小説。漫画になってた。京極さんが近未来の小説書くに際してアイデアを募ったんじゃなかったかな?小説では麗猫と歩未のキャラが被ってたと思ったけど、漫画やとビジュアルのちからもあってそう感じなかったしよかった。アニメ的な絵も可愛らしくていいね!

  • ”ルー=ガルー 忌避すべき狼 完全版 全三巻”京極夏彦原作 樋口彰彦作画 講談社(2010/08~2010/09発売)
    (2007/09~2009/06発売 徳間書店全五巻の再編集版。)

    ・・・人間同士の直接の接触がほとんどなくなった近未来。連続する殺人の間に紛れた”連続ではない殺人”。
    不可解な事件に四人の少女が挑む。

    ・・・ほぼ原作通りのストーリー。(一部変更されているが大枠は変わらず。)
    各キャラのデザインも納得&各小説版表紙イラストより雰囲気に合っているように思いました。

    来生律子が出番増の上、かわいい系のキャラクターになっていたのですが、
    続編が発売、バイク少女との設定が追加されたためイメージに合わなくなってしまった点が残念でした。
    それともギャップが出て良いのかな?
    (今作のみで考えるなら違和感なし。)

    しっかしまぁ、都筑は良いキャラクターですね。はっきりした性格もですが、非常に使い勝手の良さそうな点も好きです。(笑)

  • 原作とちょっと違うけど、面白い。

  • 原作を読んでイメージしてたのとは少し違っだけれど、これはこれで好き(^^)美緒の滅茶苦茶なところがイイ♪

  • おまけの4コマがかわいくて結構好きだ。オリジナルとところどころ違うストーリーになってて楽しめる。

  • ほぼ小説通りだが、微妙に違う。歩美がわかりやすくなっている。全体として友情を表に出す構成で、これもありと思う。続きが来ないので、このままの設定が続くかどうかはわからない。

  • 発刊済みのコミックの完全版。
    加筆修正・設定資料などが追加されている。

全7件中 1 - 7件を表示

ルー=ガルー 忌避すべき狼 完全版(1) (KCデラックス エッジ)のその他の作品

樋口彰彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルー=ガルー 忌避すべき狼 完全版(1) (KCデラックス エッジ)はこんなマンガです

ツイートする