×××HOLiC(18) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.05
  • (150)
  • (152)
  • (110)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 1957
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063759792

作品紹介・あらすじ

不思議コメディ!
霊感体質の持ち主、四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)はある日、吸い寄せられるように一軒の家に…。そこは、市原侑子(イチハラユウコ)という名の妖しい女性が主人をつとめる店で、どんな願いも、見合った対価をはらえばかなえるという。そこで働かざるを得なくなった君尋は、今日もコキ使われて…!?


大学で働き始めた百目鬼。大学生となった小羽。姿を持たぬ者、それを狙う者。そして、懐かしき彼等! 侑子を待つため代わりに店の主人となった四月一日の元に今日も様々な人やモノ達が訪れる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 次巻もまたODA付3月にが出るようです。
    ホリックは切ない系の話が多いです、侑子さんというおちゃらけ要素がなくなった分、やはり重さがでてしまいます。

    今回は、連載の終了したツバサメンバーが店に来ます。
    旅立った彼らは四月一日の手伝いで無事にサクラのいる世界へいけたのでしょうか……

  • 前巻に引きつづいて、侑子のいなくなった店を守りつづける四月一日の活躍する姿が描かれています。彼は、生まれてくることのなかった子どもを守り、百目鬼のことを想うあまり魂があくがれ出てしまった女性を諭し、そして最後に、もう一度この店にやってくることになった小狼と黒鋼を侑子に代わって新たな世界へと送り出します。

    また、百目鬼と小羽大学で民俗学の研究をつづけていることが明かされ、彼らと四月一日とのあいだにも、深いつながりが積み重ねられていることが描かれています。

  • 小羽ちゃん×百目鬼なの?
    さくらちゃんを探してるツバサのメンバーが出てましたが、次の世界にはさくらちゃんが居る、ということは四月一日くんにも待ちの終わりが来るという予兆なのかと、先の展開が読めずに不安だけが残ってしまった。

  • 【あらすじ】
    大学で働き始めた百目鬼(ドウメキ)。大学生となった小羽(コハネ)。姿を持たぬ者、それを狙う者。そして、懐かしき彼等! 侑子(ユウコ)を待つため、代わりに店の主人となった四月一日(ワタヌキ)の元に、今日も様々な人やモノ達が訪れる。オカルティック不思議コメディ第十八弾!!

    【感想】

  • ヒトの欲ほど罪深いものは存在しない。
    ツバサのメンバーが登場するのが嬉しい。
    その後、小狼はサクラ姫に無事に逢えたのかな?

  • “お福分け”なんて言葉始めて知った。
    小羽ちゃんももう大学生か。百目鬼に教えてもらう立場っていうことは、小羽ちゃんも民俗学を学んでるのかな。お母さんとも上手くいってるようで何より。

    今回はかなり重い話で“あの子”の正体がわかった時は息苦しくなった。
    依頼人がわからない場合もあるなんて吃驚。

    四月一日が昔に比べると随分周りに頼るようになっていて、自分が周りに愛されてるのを理解してるんだなと安心した。

    それにしても百目鬼は本当にモテるんだな。

    小狼達のこともほっとした。

  • CLAMPの"×××HOLiC"の第18巻。店主としての四月一日も見慣れてきました。が、今回の客は予想外でした。どちらの客も霊ですが、性質が違います。生まれてこれなかった子供の渡る橋の先には幸せが待っているように願うしかありません。生霊は、やはり怖いです。本当に怖いのはヒトの強すぎる念ということでしょうか。久しぶりに小狼たちがお店を訪れ、お店が楽しい雰囲気になってちょっと和みました。時間の経ち方が加速度的に早くなってますね。もう小羽ちゃんじゃなくて、小羽さんですね。綺麗になりました。

  • 大学で働き始めた百目鬼。
    大学生となった小羽。
    姿を持たぬ者、それを狙う者。
    そして、懐かしき彼等! 侑子を待つため代わりに店の主人となった四月一日の元に今日も様々な人やモノ達が訪れる。

  • まずは、「生まれてこれなかった子」編。無垢だからこそ強欲になってしまう。純粋に幸せになって欲しいと強く思えるようになる。

    そして、四月一日の押韻を決める儀式。久しぶりに『tsubasa』のキャラである小狼・白モコナ・ファイ・黒鋼が登場!どっちも好きだったからうれしい一話。

  • 店主として経験を積んだ四月一日が請け負う、幼子の依頼、百目鬼を慕う女性の依頼。
    更に小狼達の訪問があり、四月一日の華押が決まる第18巻。

  • 18巻はまだ読んでなかった。
    久々にツバサとリンクしたかんじ。

  • 2012/04/17
    【やや好き】

  • 視えない子供の話とどうめきに片思いする女の人の話と小狼一行との再会の話。

    視えない子供の話では、わたぬきや占い師のおばあちゃんの言葉が印象的でした。
    特にわたぬきの「もうヒトの都合で居たい場所から無理矢理連れ出されたくないもんな」って言葉。

    そういえば、小羽はもう大学生なんだね。
    小羽やどうめきは大人っぽくなったけど、わたぬきは変わらないね。

  •  ちいさないのち。
     強く、自分の我儘な想い。

    「憧れという言葉は、魂が隠れることをアクガレと言い、魂が何処かへいくような自分を見失う状態」

  • xxxHOLiC18
    レンタル

  •  百目鬼くんにツッコんだら負けだと思ってたんですが、もう負けでいいのでツッコみます。亭主か!
     ことある事に助け弁当をねだり手袋をねだりそのくせお礼も感想も言わないけど、雨の日に独り打たれてるのを見かけて放っておけなくなったって、亭主か! 亭主関白か! 進路100%四月一日基準で決めてしょっちゅう様子見に来てはおつかいを引き受けるって、押しかけ亭主か!!
     ゼー、ハー。途中からヒロインが四月一日でヒーローが百目鬼でラスボスがひまわりちゃん(の体質)なのかとあきらめ、もとい期待してたので、「やっと気づいた?」の満面の笑みにはゾクゾクしました。が、その後 特に彼女の体質が出てくることはなくなり、ちょっと残念。まあ気をつけてるんだろうけど、気をつけてもどうしようもない体質なので、発覚後にも発生してほしかったな。
     ひまわりちゃんにデレデレで百目鬼にツンデレな四月一日と、亭主関白な百目鬼と笑顔でつれないひまわりのトリオが好きだったので、卒業後ひまわりちゃんの出番がないのは寂しかったり。顔見せなしで大学卒業するとは思わなかったよ。再登場待ってます。
     卒業後 三人の関係性が変化してるのは「人は人との関わりで変わっていくもの」と何度も言われてることなので納得ですが、シニカルになった四月一日がひまわりには変わらぬ一方通行のアホなデレデレを見せてくれるのかと期待してたら、電話越しに「大好きだよ」とお互いに穏やかに言い合う仲にまでなっちゃって、夫婦か!
     いやまあ一番好きなのは百目鬼なので出番が多いのは嬉しいんですが、個人的に四月一日はもてなくてよかっゲフンゴフン! いやだって百目鬼モテ設定あるんだから四月一日はそれ僻んでる方が美味しゲフンゴフン!
     人間関係は変化してるけど、このまま四月一日中心の人間関係で行くのかな。まあダークホース小羽ちゃんが百目鬼とくっついたりしてひまわりと四月一日でダブルカップル誕生とかになったら……あ、美味しい!(おい)
     ツバサ序盤と途中しか読んでないし、カードキャプターさくらも通しで読んでないので、話の裏側しかわからないのがうーみゅ。

  • 相変わらず、絵がキレイ。
    ×××HOLiCを読むといつももの寂しくなります。
    今巻も百目鬼とか小羽ちゃんだけ時が進んで大人になっていくのに、四月一日だけは…。
    そして、ツバサとの連動。やっぱりツバサも読みたいなー。

  • 2011.02.11

  • 10年経ってるとかびっくり。やっぱり巻を追うごとに四月一日の色気が増している!妖艶だなぁ(笑)そして小狼たちが登場ー!本当にリンクしてるんですね。

  • 子供の迎えを待つ話
    彼女になりたい依頼人の話
    旅人たち

    四月一日が店を継いで十年 前の巻から六年後
    百目鬼は相変わらずお使い小僧なのかな?もう小僧なんて言えないよねぇ。でも店に入り浸ってるっていうし、相変わらずっぽい。
    けど四月一日は百目鬼を心配しているみたい。不安定な存在である自分が頻繁に百目鬼に会うことでどんな影響を与えるのかわからないから、かな。四月一日の心配ばかりして、百目鬼が自分の人生を逃してしまうことを心配しているのかも。

    小羽ちゃんきれいになったね!まあ美人になることは分かってたけどね!!
    お母さんといい関係を作れているみたいで良かった。

    水子って、、、さすがクランプ。きわどい話を持ってくるなぁ……。
    責める相手を探してもしようがない。ただ、そうあってしまったんだ。事実を受け入れて、自分に出来ることをする。侑子さんはいなくなっても四月一日を助け続けている。

    そういえば百目鬼、四月一日に「阿呆」ていわなくなったわ。四月一日も、もうきゃんきゃん言わないもんね。ちょっと寂しい。

    ストーカー怖い。そして百目鬼の恋人の噂をkwsk。

    百目鬼とマルモロがお父さんとお父さん大好きな娘達に見えてきた…。モコナは長男。四月一日はお父さんには見えないんだよなぁ。不思議。でもないか、外見年齢高校生だもんね。

    ツバサ組来た!!みんな笑ってるし、元気そう。あー、白モコナかわいーわ。大人組ますます仲良くなってて良いなぁ。百目鬼ともあっさり友達になってるしwこういうほっこりする話、いいなぁ。

    年末に十五巻まで一気に読み返して、ツバサを読み返している途中だったけど、ホリックの続きを読みたくてたまらなくなって、買いに行っちゃった。買って正解。次の巻は三月かぁ。

    小狼の真名は「ツバサ」だから、鳥モチーフの華押は、四月一日にぴったりだ。四月一日の真名が解るのも、最終巻かなぁ。
    ずっとホリックのモチーフは「蝶」、ツバサのモチーフは「ツバサ」で別々だったけど、ここに来て新しくリンクし始めた。これからどうなるんだろう。wktk。

  • いつのまにかすごい年月が経ってる!どんどんあ・うんの呼吸のようになっていくなこの二人(笑)話の中で百目鬼を恋人にしたい依頼主が来たときの対処がどうしても個人的感情が若干入っているように見えるのは深読みしすぎなのかな。

  •  四月一日の仕草が妙に女性っぽいとは思ったけど、今回特に椅子の肘掛けにもたれかかって足を組んでいる絵が骨格から女性っぽい。どこに行くんだ四月一日(笑)

     最後にツバサのメンバーと会えたのが良かったです。この後きっとサクラちゃんと会えるんだろうな♪

  • 終わりが見えてこないなぁ。

  • 10年経った「ミセ」は相変わらず不思議なお客さんが来店。

    虹の橋はせつなかった。

    一人で抱え込む四月一日と心配する百目鬼と小羽ちゃん他。
    彼らの思いを四月一日はちゃんとわかってるのかな。と、思った。

  • 暫く混沌としていた流れが、また動き出した。

    否、止まった まま、でも ある の だ けれど。



    命 や 想い に 関わる お話 は

    心 が、ぎゅー って なるけど

    やっぱり、 すき だ。

  • え?!これで終わり??って感じ。
    話数が少なく感じた。
    はやく続きを読みたいよ~!

  • まだ感想は書かない。
    物語の途中だから。
    四月一日の進んでいく方向が、
    まだ分からないから。

    買った、読んだ、の記録のために登録。

  • 11月6日

  • やっと四月一日の店主っぷりに慣れてきた。
    これからどうなるのか・・・・全く想像できない。ツバサの人たちのその後もフォローしてくれるといいな。

  • 生まれなかった子供を守る話が素敵。

全90件中 1 - 30件を表示

×××HOLiC(18) (KCデラックス)のその他の作品

CLAMPの作品

×××HOLiC(18) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする