攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (17)
  • (16)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 312
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063759891

作品紹介・あらすじ

新生『攻殻』誕生!!
士郎正宗が生み出した攻殻機動隊が、新たに生まれ変わった!!
時は西暦2030年。超高度ネットワーク社会で凶悪化していくサイバーテロや電脳犯罪に対抗するため、政府は非公認の超法規特殊部隊・公安9課(通称:攻殻機動隊)を組織した。公安9課を率いるのは、課長の荒巻とリーダーの草薙。曲者ぞろいの課員をまとめ、数々の難事件を解決する!!

死亡した設計者の搭乗する新型戦車が、両親への復讐のために暴走を始めた。戦車開発会社の剣菱重工は、公安9課の力だけで戦車の暴走を止めるよう依頼するが、ハイテク戦車には9課の攻撃がまったく通用しない。そこで少佐は捨て身とも思えるような大胆な作戦に出る。果たして少佐は、最強の暴走戦車を食い止め、両親への復讐を防ぐことが出来るのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タチコマを愛でるのが攻殻機動隊

  • 隱ュ繧?縺ィ繧「繝九Γ繧定ヲ玖ソ斐@縺溘¥縺ェ繧九?

  • 多脚戦車で里帰りするお話。

  • 攻殻っぽいストーリーだ。

    ちゃんと完結まで載せていることに好感。課長がカッコイいです。

  • 機械をとおしてだからこそ分かる命の大切さ。。

    泣ける巻です。

  • 西暦2029年、サイバーパンクのマンガ。
    実際に起こり得そうだとも感じた。
    学ぶべきことが多い。
    特に、この巻の終わり方は考えさせられる。

  • 加護の背景がよく描写されている

  • こういうスピーディーなアクションを描かせたらさすが。パニック物的な緊迫感で最後の締めまで一気に読ませてキレイにたたみきった感じ。

  • 1巻の前にこちらを読んでしまいました。
    本当にアニメそのまんまで驚きました。
    「そのまんま」なのにアニメで観た時とは違って泣けました。
    不思議。

    なので「そのまんま」であることについては賛否両論あるようですが、「あり」に一票です。
    攻殻好きはいうまでもなく、アニメで「よくわかんなかった」という人はこれを読むと理解しやすいのではないでしょうか。

  • サイトーが格好良かった。其れだけで充分。
    ハッチを開ける少佐の作画はもう少し何とかならなかったの…?

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

現在『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~』(原作:士郎正宗)を「マンガボックス」連載中。
代表作:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(原作:士郎正宗)
『スチームボーイ』(原作:大友克洋)『デビルマン黙示録 STRANGE DAYS』(原作:永井豪)『白龍』(原作:和田慎二)『悠久の風伝説 ファイナルファンタジーIIIより』(原作:寺田憲史)他。

「2015年 『新装版 AMONデビルマン黙示録(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

衣谷遊の作品

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×