レッド(5) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (10)
  • (11)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 168
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063760316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に質の高い連合赤軍の航跡。ドキュメンタリーにしたら、こんなに「息吹」を感じられる内容にはならなかったはず。フィクションは、ノンフィクションよりもよりリアルである。

    構成もとても工夫していて、登場人物の思考描写がなく、セリフと表情だけで各々の思い(やすれ違い)をほのめかしていく。本当によくできているなあ、と思う。結論が分かっている事象の結論に向かう映画的構成を本当に上手に処理していると思う。

  • もう、元にもどせない
    くらいに歯車はかみ合わなくなり、その歪みは組織内部に向かうしかない状況に。

  • どんどん狂気に向かって加速していく若者たち。

  • 話の進み具合としては“嵐の前の静けさ”かな。

    この作品では、記号化された死亡フラグがネタバレではなくて緊迫感を生むという点に驚かされる。特にこの5巻は、前の巻を受けて「で、次は?」と思いながら読んでるこちらの「どうなっていくんだろう?」が加速された感じがする

  • 前の巻で「処刑」が始まり、いよいよか…と思ったら、あまり進まなかった。
    巻末の対談は興味深く読めた。

  • 栗駒さんの脱走に際して赤城さんの言った「欺瞞ね」が好きすぎる。

  • 先の見えない活動はつらいなー

  • 1969年の安田講堂が陥落し、全共闘運動は衰退していく。
    そんな中、活動を過激化させていく革命者連盟は、赤色軍と協力関係を築き武装闘争を続けていこうとするが……。

    連合赤軍の事件を山本直樹が漫画化。
    登場人物の姓は日本の山の名前に変えられ、死亡する人物の頭には何番目に死ぬかがナンバリングさらている。

    (当時の)普通に学生運動をしていた学生達が、山に篭もり仲間を殺害、あさま山荘事件を起こす過程が丁寧に描かれていく。
    新興宗教(オウム?)を描いたビリーバーズも読んでみたいな。

  • 脱走者は続く。この作品が終わったら、オウムについても書いて欲しいと思った。

  • んーどうなるんでしょう。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家:
山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日 - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

「Wikipediaから引用しています。」


博士:
慶応義塾大学准教授、博士(情報理工学)。1976年 生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。カリフォルニア工科大学研究員、オーストラリア国立大学研究員、慶応義塾大学専任講師を経て現職。研究分野は原子・分子・量子エレクトロニクス、制御・システム工学。

「2015年 『複素関数論の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レッド(5) (KCデラックス)のその他の作品

山本直樹の作品

レッド(5) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする