近キョリ恋愛(10)<完> (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (33)
  • (29)
  • (36)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 344
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063760743

作品紹介・あらすじ

天才少女・枢木ゆにとイケメン教師・櫻井ハルカ。ふたりが巻き起こす、キケンで笑えるツンデレ☆ラブストーリー!!

いつだって波瀾万丈、禁断(?)恋愛コメディー・ついに最終巻なのです!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大きく予想を外れることなく順当に完結。まあベタな少女マンガが読みたい気分だったのでそこそこ満足です。10巻まで続ける必要はなかった気がするけど、ラブコメとしては面白かったかな。最後はむしろ脇役たちのその後が気になってしまいました。

  • 主要キャラクター
    枢木ゆに(くるるぎ ゆに)櫻井ハルカ(さくらい はるか)

    天才少女ゆにちゃんのキャラクターが可愛い、先生との恋物語。全10巻。
    先生もかっこいいけど、良くある年上俺様ちょっとチャラいけど一途な男で、読後時間が経ってレビューを書いている今となっては、他の漫画のキャラと混じって具体的にどんな人だったか思い出せず。
    やっぱりこの漫画の面白味は、ゆにちゃんにあるなと。

    みきもと先生の絵は綺麗でかわいい。

  • 最終巻。なんか物足りなかった。確かに花音懲らしめたけど、そのあと急にヨリ戻させようとしてくれたり都合良すぎる動きしてるなーとか。花音がゆにに教室行かせなかったらハルカちゃんゆにのとこ来たのかなーとか。最初から最後まで的場くんがいいやつだった。

  • 完結! 
    的場くんと花音をもうちょっと早めに出しておけば、その先の展開が読めなくて楽しかったかも。
    とはいえ大団円ですね。

  • ギャグが秀逸!
    先生と生徒!胸キュン恋愛要素もあり、なかなか良かったです!

  • 最初は面白かったが、話が長すぎて飽きが来てしまってからの最終巻。8巻ぐらいにまとまっていたら、テンションあげて感動して読めていたのかも。
    終わり方も少女漫画の定番。他の漫画とちょっと違っていて私は好きだったのに、なんか拍子抜けしました。もっと飛んだギャグな終わり方でも良かったのかと思ってしまいました。
    でも、最初のほうからのお笑いネタとか凄く好きだったから総合で、この作品大好きなのは変わりないです。

  • 恋って、距離だけではない。
    やっぱり愛なくして、実りはない。

  • レンタル。
    最終回、きれいにまとまってました!
    これまでギャグシーンはぜんぜん笑えなかったけど、
    ゆにが寝ぼけて歯磨きしながら登校してきたのは笑った。

  • ネットカフェでおすすめしてあったので読んでみた。

    いわゆる教師と生徒の恋愛物。

    教師と生徒の恋愛というのは、学生時代のワタシには全く興味がなかったので、実際に「あの先生の奥さんって元教え子だって!」という話が出た時も、へぇ、そうなんだ。というくらいで。

    ですが例えば、自分の好みどストライクの先生がいたら。
    そして、隠れてこっそり付き合ってたりしたら。

    毎日がきゅんきゅんしちゃって、ときめきで死んじゃうかもしれない。

    ツンデレなはずなのに、ちょこちょことデレがあふれすぎちゃって、幼い(?)からなのか彼氏が大人なのか、彼氏には丸わかりで。
    ベッタベタな展開でも、いえ、ベタベタな展開だからこそ安心して読めるというか。

    コスプレしちゃうのも(脳内コスプレ含)一生懸命ゆえ。

    かわいいなぁ。

    番外編の峰藤先生と小南くんの話ももっと見たいし、るーたんの話ももっと見たい。

    スピンオフでも続編でも出ればいいのに。

  • レンタル屋で少女漫画ベスト10内にランキングしていたので読んでみる。話の流れ的には良かったんだけど「先生と生徒」の恋愛って設定がどうも...。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月18日生まれ。おうし座。AB型。『SHES ALL THAT』で第18回BF新人まんが 大賞佳作を受賞してデビュー。代表作は、『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』。

「2018年 『午前0時、キスしに来てよ(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近キョリ恋愛(10)<完> (KCデラックス)のその他の作品

みきもと凜の作品

近キョリ恋愛(10)<完> (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする