地球恋愛(1) (KCデラックス)

  • 講談社
3.64
  • (15)
  • (29)
  • (37)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 274
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063761030

作品紹介・あらすじ

舞台はイタリア~ツバル~デンマーク~ブラジル~シリア~アメリカと世界をめぐる連作6話収録。世界各国の中高年の恋模様を熱く描いた、シカゴ在住漫画家・ヤマザキマリ氏の異色な意欲作!! KissPLUSでの人気連載の単行本第1弾!

舞台はイタリア~ツバル~デンマーク~ブラジル~シリア~アメリカと世界をめぐる連作6話収録。世界各国の中高年の恋模様を熱く描いた、シカゴ在住漫画家・ヤマザキマリ氏の異色な意欲作!! KissPLUSでの人気連載の単行本第1弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年を経るからって恋愛がうまくいくわけじゃない訳で、
    不器用な主人公ばっか。

    でも、その不器用さを愛で包むから、
    年を経るのも悪くないって思いました。

    うちの父母も物語化したいなー

  • 奥深い大人の恋愛が描かれています。深い愛情ある温かさを感じます。

  • じんわりと心に染み入る物語。
    ツバルの中年夫婦のあり方が身につまされて切なかった。
    見慣れた夫でも、他人の視線を意識するとまた違ってみえるものなのかもしれない。
    几帳面すぎるコンシェルジュの話も最後にほろっと来る。
    若者の恋愛より、中年老年の恋の方が切なさが募る。

  • 世界各国の中高年の人たちの恋愛模様。
    連作短編なんですが、必ず前の回の登場人物が何らかの形で今回の話にも繋がっていて、まさにSix Degree of Separation。(初回の主人公とその娘が、次の回の舞台の島にバケーションに来てたりとか、前の回の写真家が今回出てくる脇役のおばさんの息子だったりとか)
    人の目を過剰に意識するイタリア人の親父に笑うも、「これくらいしないと私も女子力落ちる一方だよ、見習わねば!」と思ったり。
    世界各地を転々としている(イタリア、ポルトガル、シカゴ)ヤマザキマリさんらしい一冊。

  • 世界各国が舞台というだけでなんか俗っぽくない空気がある短編集
    一話一話なんとなくほっこりしている。最終話のホテルコンシェルジュさんの話とか。

  • いくつになっても恋する人々の可愛らしさ。

  • じわ〜っと幸せな気分になれる。
    恋愛するのは高校生だけじゃないぞ。
    世界中のあらゆるところで
    人生の酸いも甘いもかみわけた大人の男女の愛は深い。

    愛してると言葉で言えず、ギターで思いを伝える男。
    冴えない容姿のヤモメ靴職人に惹かれる美女。
    思い出の詰まった家を離れたくない妻。
    出稼ぎから帰る夫が迷わぬよう毎晩火を焚き続ける女。

    すぐ好きって言ったり⚪︎⚪︎したりしないんだよオトナは。

  • 色んな国の色んな人たち。でもどこか見たことのあるような人たち。
    人生経験を積んできた男女の物語。

    ヤマザキマリさんの描く中高年はどこかユーモラスで人生感じさせ、魅力がある。新しい恋の物語よりも、夫婦の物語の方がじんわりと胸に染み入ってきて、好きだ。

  • 好き。
    君に届けのキスシーンより、テルマエロマエのハグシーンにぐっときた人は絶対好きでしょう。
    ある日曜日の電車で、おじいちゃんとおばあちゃんがギューッと手をつないでいたのを思い出した。

  • 一話完結なのに続いている。
    味のあるお話たち。
    歳をとるのもいいもんだと思える。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者紹介】 ヤマザキ マリ(やまざき まり)
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(KADOKAWAエンターブレイン)で漫画大賞2010、および第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。900万部のベストセラーに。他に『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『スティーブ・ジョブズ』(いずれも講談社)、『プリニウス』、『パスタぎらい』(新潮社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)など。

「2019年 『地球生まれで旅育ち ヤマザキマリ流人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地球恋愛(1) (KCデラックス)のその他の作品

ヤマザキ・マリの作品

地球恋愛(1) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする