まじもじるるも(7)<完> (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (6)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063762600

作品紹介・あらすじ

可愛くて切なくて、ちょっぴり”死”が身近な
マジカル・スラプスティック・コメディ

学校一のスケベ男として女子から総スカンを食らってる柴木のもとに送られてきた魔法のチケット。
それは、魔女から修業魔に格下げされたるるもの人間界での修行のためのものだった。
るるもの修業(と自分の欲望)のために魔法のチケットをじゃんじゃん使うと宣言した柴木だったが、
実はチケットは彼の寿命そのものだったのである。

るるもが空から落ちてきた日から、柴木耕太のまわりは毎日がお祭り騒ぎ!いつまでもそんな日々が続くと思っていた。しかし、宴の終わりはすぐ側まで来ていた。るるもの地上界での修業には期限があったのだ。目前に迫ったるる もとの別れの日を、繰り返される喧噪の日常の中でただ待つしかない柴木。そして‥‥、誰もが想像しなかったラストシーンへと至る第1部完結巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "「おまえはバカだがやさしい
    この1年4か月はまれにみる楽しさだった
    今日 ここで待ちぶせしたのは
    覚えていてほしかったからだ
    ……おまえに るるもという名の "魔女"がいたことを」"

    楽しい日常が思いの外ぷっつりと。
    「まじもじるるも」はここで完結。
    続きは「まじもじるるも 魔界編」に。

  • 完結巻だけれども、このあと魔界編とかに続く。

    命が天秤にかけられている状況で、ギャグをやられるので、とても落ち着かない。

  • この作者はストーリー・テラーではないかもしれないが一瞬一瞬を鮮烈に切り取る。強烈にリリカルな「豪腕の泉」編の破壊力。るるもはやはりかわいく(ナイス書き下ろし)シバキは心底だめだがいいやつで、そしてこのラスト!

  • 完結巻。予定調和?

    エロくても問題ないところは主人公のすごいとこ。やっぱりおかん好き。

  • ■あらすじ■

    可愛くて切なくて、ちょっぴり”死”が身近なマジカル・スラップスティック・コメディ

    学校一のスケベ男として女子から総スカンを食らってる柴木のもとに送られてきた魔法のチケット。
    それは、魔女から修業魔に格下げされたるるもの人間界での修行のためのものだった。
    るるもの修業(と自分の欲望)のために魔法のチケットをじゃんじゃん使うと宣言した柴木だったが、実はチケットは彼の寿命そのものだったのである。

    るるもが空から落ちてきた日から、柴木耕太のまわりは毎日がお祭り騒ぎ!
    いつまでもそんな日々が続くと思っていた。
    しかし、宴の終わりはすぐ側まで来ていた。
    るるもの地上界での修業には期限があったのだ。
    目前に迫ったるるもとの別れの日を、繰り返される喧噪の日常の中でただ待つしかない柴木。
    そして‥‥誰もが想像しなかったラストシーンへと至る第1部完結巻!!


    ----------------------------------------------------------

    「弱虫ペダル」で知られる渡辺航先生が連載中のもうひとつの作品。
    ”空から人間じゃない美少女が落ちてきてやっほーい!”系の居候コメディですけれど、扱っている題材は「出会いと別れ」であり「生と死」です。


    ・るるもが魔女になるために柴木の死は避けられない
    ・るるもは”修行達成=柴木の死”であることを知らない
    ・柴木は”るるもの修行達成=自らの死”であることを知っている
    ・るるもは魔女としては善良すぎるので、他の魔女に騙されて格下げされ、60年間牢獄に入れられ、そして人間界へ修行にやってきた
    ・”修行達成=柴木の死”だと知れば自らの意思で修行を放棄するような性格をしているため”るるもは修行の達成が何を意味するのか知らない”

     
     いつまでも続くように思われた夢のような生ぬるい日々の終わりがこの7巻では描かれます。
     前述したことが「大前提」の物語とはいえ。
     そしてこの系統の作品は「出会い」があれば「別れ」もあることを描くのは必然とはいえ。
     これは………あんまりだろうと涙しました。
     こんな別れ方をするとは思っていなかった。
     そして、ここまで描き切るとも思っていなかった。
     柴木とるるもの出会い。そして別れ。
     別れが訪れても、物語は終わりません。
     第2部という扱いで「別れのその後」は紡がれています。
     誰しも避けることの出来ない「出会いと別れ」「生と死」
     「共に過ごした日々の安らぎや幸せ」
     そういったものが容赦なく叩き付けられる作品。

  • 完ってなってるけど続くようで嬉しい限り。第二部になって巻数が1からになるんだ。
    弱虫ペダルと毛色が違うけどアホで時々ハートフルなるるももお勧め。弱虫ペダルではあまり出てこないけどこの作者の女の子キャラは可愛いな。
    確かに「衝撃のラストシーン」でした。

  • ちょっ!いきなり急展開!
    もっとキャッキャウフフな話が続くと思ったのに。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

3月9日長崎県生まれ。代表作に『まじもじるるも』『弱虫ペダル』『制服ぬいだら ♪』『電車男~でも、俺 旅立つよ~』『ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。』がある。

「2019年 『OAD付 まじもじるるも -放課後の魔法中学生-(9)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺航の作品

ツイートする
×