ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(1) (シリウスKC)

  • 講談社
3.89
  • (9)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063762792

作品紹介・あらすじ

女ンビvs.童貞! 20××年、惑星爆発の怪光線とかは特に関係なく、地上に“女ンビ”が発生。男たちのお肉をナマで美味しく喰らいだし、世界は大パニックに襲われた。腐敗した男と凶暴化した美女たちが徘徊する近未来、「人類」として生き残った引きこもり・ニート・童貞たちボンクラ軍団のサバイバルを描く“お笑い童貞(リ)アクション”! 「えっ、またゾンビもの!?」と思ったアナタ! ジョージ・A・ロメロ監督の設定をパクっただけの漫画なんかを“マスター・オブ・ボンクラー=すぎむらしんいち”が描くわけないだろ!!

“ブードゥー教ゾンビ”…“ロメロゾンビ”に続く、第3次ゾンビ革命――それが“女(ジョ)ンビ”だ!! 『サムライダー』『スタア學園』『ディアスポリス』の鬼才すぎむらしんいちが空前のスケールで描く、美少女とボンクラどもの商店街サバイバル! 全ゾンビマニア納得の傑作だ。ベストセラーを連発の映画評論家・町山智浩氏も熱烈推薦→「すぐに映画化してくれ! 撮影は中野ブロードウェイ、特別出演はイーストウッドで!」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キライなわけがない。

  • 大変おばかな昭和テイストの一作。 毎話ごとにエロいれて、主人公の反応がものすげ何も考えていないところが、童貞すらも80年代のケーハクな空気にいたのかと思わせる。

  • 清々しいほど馬鹿馬鹿しい。しかも中野ブロードウェイ。高崎線と埼京線。生活圏内。つーかハルカちゃん可愛らしすぎだろ!そして巨乳マッチョな女ンビが好みだッ!アマゾネスなお姉さまが好みなんだよォォォォッ!これから中野ブロードウェイに行く度、女ンビを探してしまうッ!

  • こういうしょうもないの好きです。ゾンビ漫画というジャンルの金字塔というのは間違いないけれど、パロディならばもっと徹底してほしいな。安易にターミネーターとか入れてもねえ。

  • 本を開けたとたんビデオテープの写真にみなれたシールがw
    イーストウッドみたいな人がでてきたり突然対向車からトラック野郎がでてきたり、もうたまりませんー。
    映画が大好きなんですね。
    しょーもないエロギャグで勃起してしまい、中学生のころぬ〜ベ〜や、GTOで勃起していたのを思い出しました。

  • ボンクラ&バイオレンス!
    久々の原作なし、すぎむらしんいちソロ作は期待をはるかに超える駄目ぶり打ちのめされること必至!
    引きこもりが外に出たら女がゾンビに…俺は童貞のまま死ぬのか…。中野ブロードウェイ屋上に佇む主人公に涙せよ!!

  • 確かにB級ホラーのパロディっぽくなっていますが、うーん、期待したほど面白くないというのが正直なところです。

  • すぎむらしんいちは、ゴロゴロと転がるような展開の、むきだしな漫画を描く大好きな漫画家の一人だ。

    本作も安定した「すぎむら節」が健在ではあるのだけど、登場人物に心がなくて存在感が薄いように感じた。

    巻末にかけての畳みかけるテンポとスピード感は流石なのだけどなあ……。

    2巻に期待しよう。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。北海道出身。1986年、『きょうの出来事』にて第14回ちばてつや賞(ヤング部門)の大賞を受賞し、デビュー。その後「ヤングマガジン」にて『サムライダー(のち『サムライダー88』に改題)』を連載開始。ほかの作品に『右向け左!』(原作/史村翔)、『ホテルカルフォリニア』、『東京プー』、『超・学校法人スタア學園』、『クローン5』(相談/いとうせいこう)、『サムライダー』、『老人賭博』(原作/松尾スズキ)などがあり、短編集に『スノウブラインド』がある。平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品として、「モーニング」連載の『ディアスポリス―異邦警察―』(脚本 リチャード・ウー)が選ばれた。2017年、「少年シリウス」別冊の「ネメシス」にて7年にわたって連載した『ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女(ジョ)ンビ ―童貞SOS―』が堂々完結!!

「2017年 『ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(6)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すぎむらしんいちの作品

ツイートする