ママはチャイドル!!(1) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063762822

作品紹介・あらすじ

非・実在性芸能人をブチのめす!! 禁断のロリ風味コメディ→降☆臨!!
小学生アイドル・霧崎リイナには、誰も言えない秘密が……。実は、リイナとステージママの麻美子の人格は、互いに入れ替わってしまっているのだ!! 未成熟な肢体に成人女性の心を宿したリイナと、完熟ボディに処女の心を持った麻美子の凸凹親娘が、腐った芸能界に、何故か天誅を下してしまう衝撃の勧善懲悪Hコメディ! 遂に地上波(?)流出!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こっちの名義でおがわ先生が講談社に帰ってきたら作風が「いつも何度でも」のアレだったという事態に。実在人物をモデルにしまくりで危険球すぎる。しかも単行本化でのキャラ紹介の単語がロリコン的に全部ヤバい。ちなみに著者紹介に有るとおり、かんらんちゃん先生は現役小6で12歳です。かんらんちゃん先生と言えば1993年に四季賞とってますが、間違いなく12歳です。たぶん10年後も12歳なのでしょう。

  • まんだらけ200円

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

マンガ家美少女。現役小6の12歳。
1993年、姉に、個人的に描きためていた作品を勝手に投稿され、まさかの上位入賞。
その後、原宿を友人と歩いているところをスカウトされデビュー。
代表作に『甘美少女』『妖かしの館』『禁断の林檎』『鏡の中のわたし』など多数(いずれも松文館より)。
ちなみに、アシスタントは小学校の同級生女子3名。(待遇は、時給200円+3時のおやつ)

「2012年 『ママはチャイドル!!(3) <完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おがわ甘藍の作品

ツイートする