ママはチャイドル!!(3) <完> (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063763553

作品紹介・あらすじ

非・実在性芸能人をブチのめす!! 禁断のロリ風味コメディ→降☆臨!!
小学生アイドル・霧崎リイナには、誰も言えない秘密が……。実は、リイナとステージママの麻美子の人格は、
互いに入れ替わってしまっているのだ!! 未成熟な肢体に成人女性の心を宿したリイナと、完熟ボディに処女の心を
持った麻美子の凸凹親娘が、腐った芸能界に、何故か天誅を下してしまう衝撃の勧善懲悪Hコメディ! 遂に地上波(?)流出!!

芸能界の闇へ特攻(ぶっこ)む芸能界ギャグ、いよいよ最終巻!!「キターッ!!」のあの人も、整形疑惑のあの人も、ネットで大人気のドヤ顔のあの人も総登場!! そして、業界を牛耳る悪の組織・某超大手広告代理店が繰り出す、ステマの真実!!などなど、もはや1ページ1コマたりとて目が離せない、漫画界随一の激ヤバ作。巻末には、あのプロ書評家・吉田豪氏による特別解説「芸能界、アンタッチャブル!」も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最終巻。やはりヤバすぎたとしか…。単行本化に必要な分が描き下ろされているが、最期の最期まで休み無く危険すぎて本当に最高。実在人物・組織をモデルにしたアレやソレがガンガン出てきて乱交しまくる。マジで狂気を感じる。かんらんちゃん先生が「いつも何度でも」伝説をぶっちぎりに超えて神の領域まで逝ってしまった作品でした。

  • まんだらけ50円

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

マンガ家美少女。現役小6の12歳。
1993年、姉に、個人的に描きためていた作品を勝手に投稿され、まさかの上位入賞。
その後、原宿を友人と歩いているところをスカウトされデビュー。
代表作に『甘美少女』『妖かしの館』『禁断の林檎』『鏡の中のわたし』など多数(いずれも松文館より)。
ちなみに、アシスタントは小学校の同級生女子3名。(待遇は、時給200円+3時のおやつ)

「2012年 『ママはチャイドル!!(3) <完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おがわ甘藍の作品

ママはチャイドル!!(3) <完> (シリウスKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする