はたらく細胞(2) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (66)
  • (105)
  • (67)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1295
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063765892

作品紹介・あらすじ

人間1人あたりの細胞の数、およそ60兆個! そこには細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある! 白血球と赤血球を中心とした体内細胞の人知れぬ活躍を描いた話題の「細胞擬人化漫画」!! 待望の第2巻は、この世界(体)を脅かす脅威の細菌&ウイルス、そして驚異の新キャラ(細胞)も続々登場! 
★「白血球」帽子プレゼントキャンペーン実施! 詳しくは単行本の帯にて。

赤血球と白血球…彼らはどこで生まれ、どのようにして一人前の血球になるのか!? 赤血球と白血球の幼弱期のエピソードに迫る「赤芽球と骨髄球」をはじめ、食中毒、熱中症、がん細胞など、第2巻も体の中は大騒ぎ! 細胞たちはあなたの体の中で、今日もがんばっています!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 細胞擬人化お仕事ストーリー2巻目(1巻はこちら)。
    人体内ではたらく細胞たち、主に血球系・免疫系の細胞を主軸に据えたストーリー展開である。
    主人公はドジっ子赤血球AE3803番。クールな仕事人・白血球U-1146番となぜか縁がある。
    彼らの仕事は身体の機能を潤滑に動かすこと、そして侵入してくる敵を撃退することである。

    この巻のテーマは<食中毒><熱中症><赤芽球と骨髄(血球分化)><がん細胞>である。
    <食中毒>では、白血球1146(好中球)の知り合いである、ツインテールの好酸球が登場。細菌との戦いにはいまひとつ役に立たず、皆に陰口をたたかれるが、彼女の本領は実はそこにはなく・・・というお話。脇役で、やたらと大仰なセリフを吐くが大して意味のあることを言わない好塩基球がツボ。
    <熱中症>は、皆おなじみ熱中症のお話。いつも悪者をやっつけてくれるはずの白血球の様子がおかしい・・・? 世界(身体)の危機につけこんで、悪事をなそうとするセレウス菌が微妙に小物感を醸し出す。
    <赤芽球と骨髄>では赤血球の過去のお話が。幼かった赤血球=赤芽球を助けてくれた「お兄ちゃん」。あれ、誰かに似ていませんか・・・? 赤芽球と赤血球の帽子に注目! 違いにはちゃんと意味がある!

    この巻の山場は<がん細胞>。
    がん細胞とはいうが、細菌などの病原体とは異なり、元々体内に存在していたもの。ちょっとした変異(バグ)が元で異常増殖するようになるわけである。本人(細胞)にしてみれば、ただ生まれてきただけなのに「バグり野郎」と言われ、惨殺される。ちょっと考えさせられるような展開である。
    高ビーだけどデキる女、NK細胞が頼もしい。

  • こんな手に汗握る熱中症はなかなかない。こんなに悲哀のあるガン細胞はなかなかない。

  • "「なんとでも言え…!
    体温調節システムが敗北しようと無意味な努力になろうと
    この体はまだ生きている!!
    俺が仕事を投げ出す理由にはならん!!」"[p.51]

  • 2巻はがん細胞とかが出てきてちょこっとシリアス。健康体でも毎日数千のがん細胞が作られているとは知らなかった。この作品は普通に勉強になる。
    がんがんメジャー疾病を出してきてるけど、この先って何があるんだろ。肥満とかハゲとかそういうのも描くかな。

  • 好酸球ちゃん可愛い♪アニサキス等の寄生虫が体内に入った時には宜しくお願いしますよ。今までの人生でまだ一度たりとも入れたことはありませんけどね。刺し身は美味いが虫は怖いよ。マクロファージ先生は可愛いは顔してるけど、怖い。実に怖い(笑)

  • もふもふの細菌の死骸をもふもふしてる好中球さんたちに癒される

    みんな何か役目があって存在しているんだねー、人間界の縮図みてる気分になる。

    ガン細胞の話もなかなかシリアス・・・
    細胞の誕生はなかなかブラックだった

    赤芽球の脱核が力任せで笑う
    ボンボンが・・

  • 二巻目も新キャラ(?)続々登場。毎回勉強になって楽しい。個人的にはNK細胞の姉御感も好きですが、好酸球の可愛さにやられた…(マンガ読まずにこの文面読んだら、意味わからず気持ちわるいだろうな)。

  • がん細胞がゾンビみたいなノリ。個人的にはパンを貪り食べるサイトカインの方が怖い。
    一見するとよく分からんが解剖生理の後だと何となく言ってる事が分かる。

  • 2015.11.27
    好酸球が可愛い(*^_^*)

  • 面白かった。子供の頃に読んだ学研の「からだのひみつ」を思い出す内容。白血球さんがイケメンで素晴らしかった。

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、東京生まれ。第27回少年シリウス新人賞にて大賞を受賞。月刊少年シリウスにて「はたらく細胞」を連載中。

「2021年 『はたらく細胞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらく細胞(2) (シリウスKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×