小説 ちはやふる 中学生編(1) (KCデラックス)

著者 :
制作 : 末次 由紀 
  • 講談社
3.46
  • (20)
  • (42)
  • (54)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 471
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063766981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千早と太一の物語。
    漫画では描かれなかった小学生と高校生の間の話だった。

    正直、中学生の千早は小学生の延長というのが否めなくて、そこからどう今の性格になったのかがわからなかった。
    高校に入って急に変わったのだろうか…

    でも、太一はよかった。
    わたしの中で小学生のときの太一はちょっと…という感じだったが、そこから高校生の太一になるまでの過程がよくわかった。
    かるたが好きだっていうのを感じられた場面が秀逸。

    でも、ちはやふるはやっぱり漫画で読みたいよなー

  • ちはやふるの中学生編の小説版。
    漫画がとにかく好きだったので、ちょっと読んでみました。

    和歌とかの解釈があったりしたのが、中々面白かった。
    あと、中学時代の太一の話も中々よかった。
    きっと太一はこうやって色々な人に出会ったりして、
    今の太一が出来上がったんだなーと。

    しかし、中学時代の千早ちゃんがなんか、読んでて苛々したというか。
    漫画程の魅力がなかったかなぁ。
    ちょっと残念。

    それなりには面白かったけれど、期待値以上ではなかったかな、
    といった感想です。

  • 本編にはない中学生の話が知れたのはよかったけど。。。文章がいまいち。漫画にしてくれないかなぁ。。。

  • マンガの高校生編との矛盾点があるような気がする。恋の歌のみをとるかるたなどは正直意味がわからなかった。

  • 本編では描かれなかった千早と太一の中学時代の話。なるほど~こういうことがあったのね~。千早のかるたバカっぷりが炸裂してますがここまで周りから浮いていたとは。高校に太一がいなかったらどうなっていたのか考えるだに恐ろしい。ちなみに今回は東京編で、12月発売の2巻は福井編だそうだ。新がかるたをやめた経緯とかが描かれるらしい。個人的に太一がなぜ中高一貫の難関私立から都立に鞍替えしたのかが非常に気になっているので、ゆくゆくはその辺りの話も出してくれたらうれしいな。
    作者あとがきに暁星中学・高校のかるた部の練習を見学させてもらったことへの謝辞が書いてあった。暁星てかるた部があるのか。またちなんでしまうが、暁星はサッカー日本代表でジュビロ磐田のエース・前田遼一選手の母校である。北央てきっと暁星がモデルだよ!(妄想)

  • 漫画の原作が好きなので、こちらもが思い切って購入。
    太一編千早編、ともに熱いというよりはじんわりと心温まる展開でした。
    ほっこりした。。

    千早の寂しさと向き合う姿は相変わらず一生懸命で良いなと思いましたが、それよりも太一がかるたが好きであることに気付くシーンが良かった。
    平井くんとのやり取りもしっかり読ませていただきました。
    「勝ったからじゃない、好きだとわかったから、うれしいんだ」
    までの太一の心境の変化が、等身大の中学生といった感じが出ていて引き込まれた。


    息抜きもできたところで今日も就活頑張ります。

  • 太一、千早の中学生活。
    太一が受ける授業を通じて伊勢物語も登場。
    在原業平つながりですね。

  • 何だか青くて、懐かしい感じがしましたー!
    千早ちゃんも可愛いが、太一の章が好みでした。
    この時代があってここに繋がったんだなーって思えて、ちゃんとリンク出来ました♪
    2巻の新の章も期待!

  • ちはやふるの中学生編を描いた作品。
    暇つぶしというかなんというかで読んだけど普通に面白かった。
    いつか小説で出たキャラが漫画に出たら面白いな(^^)

  • 太一とちはやの中学時代は少ししか出てきてなかったから、すごくおもしろかった!特に太一の!!!

全56件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、2003年『業多姫』(富士見書房)で作家デビュー。著書に『源氏物語 あさきゆめみし』全5巻(青い鳥文庫)『小説 ちはやふる中学生編』全4巻、『小説 劇場版 はいからさんが通る』(以上、講談社)、『orenge【オレンジ】』(双葉ジュニア文庫)などがある。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。


「2019年 『小説 はたらく細胞 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 ちはやふる 中学生編(1) (KCデラックス)のその他の作品

時海結以の作品

ツイートする