小説 ちはやふる 中学生編(1) (KCデラックス)

著者 :
制作 : 末次 由紀 
  • 講談社
3.46
  • (20)
  • (42)
  • (54)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 471
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063766981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太一とちはやの中学時代は少ししか出てきてなかったから、すごくおもしろかった!特に太一の!!!

  • よかった!中学時代のストーリー、とても清々しくて、それぞれのドラマがあって、太一は太一らしく、千早は千早らしく、まわりと過ごしているんだなぁと思いました。ふたりの中学生生活にとても興味が持てました。ところどころで百人一首に触れるからだと思いますが、伊勢物語を取り上げたり、古典好きの先輩に出会ったり、かるた愛をどんどん深めているところは読んでいて幸せな気持ちになれました。読むとまたマンガも読みたくなってしまう。中学時代のストーリーを知ってまた違う気持ちで読めそうな気がするから。

  • 漫画ちはやふるの、小説版。
    漫画では小学生時代と高校生になってからの物語が描かれていて、小説ではその間の、描かれてこなかった中学生時代が描かれてる。

    今回は千早と太一の、それぞれの話。
    漫画に通ずる部分がちらほら出てきて、なかなか面白かった。
    次巻は新の話とのこと。

  • 大ヒット漫画「ちはやふる」が小説になりました!!
    漫画では描かれなかった中学時代の千早と太一の不器用な青春!

    「かるたを続けてたら、また絶対会える」
    離ればなれになる新と交わした約束を胸に、中学に入学した千早と太一。千早はかるた仲間を探そうとするが、空回りばかり。太一は秀才が数多く集まる開明成中学で自分の限界を知り、かるたへの情熱を失っていく。
    千早と太一の距離は少しずつひろがっていき……。
    漫画では読めなかった中学時代を描く、まぶしすぎる青春かるた小説、誕生!!

    こんな風だろうなと一人で思うだけだった千早の中学時代を、歌と一緒に瑞々しく描いてもらえて、とても嬉しいです。
    末次由紀

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、2003年『業多姫』(富士見書房)で作家デビュー。著書に『源氏物語 あさきゆめみし』全5巻(青い鳥文庫)『小説 ちはやふる中学生編』全4巻、『小説 劇場版 はいからさんが通る』(以上、講談社)、『orenge【オレンジ】』(双葉ジュニア文庫)などがある。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。


「2019年 『小説 はたらく細胞 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 ちはやふる 中学生編(1) (KCデラックス)のその他の作品

時海結以の作品

ツイートする