攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(2) (KCデラックス)

  • 講談社
3.74
  • (7)
  • (20)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 203
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063769074

作品紹介・あらすじ

『攻殻』最新シリーズ始動!!
戦闘型サイボーグのバトーが、まだレンジャー部隊で活躍していた時代。内戦がつづくクラン共和国に外務大臣救出の任務を帯びて送り込まれたバトーが、ある女性と出会う。501機関所属の草薙素子。それは、攻性部隊「攻殻機動隊」が誕生するきっかけとなる運命の出会いであった。

新シリーズに突入! レンジャー部隊のバトーは501機関所属の草薙素子と戦場で繰り返し邂逅した。時に背中を預け、時に撃ち合い‥。そして、終戦を迎え、1年。バトーのレンジャー時代の同僚・ヌカワが殺害される。その犯人を元陸軍調査部・イシカワ、元レンジャー・ボーマと共に追うバトーの先には再び、草薙が! ついに“攻殻機動隊メンバー”の対決が幕を開ける!アニメでは描かれていない設定がバトー目線で明らかになる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • ANECDOTE:1 First Impression
    クザン共和国で起こった惨劇と、その戦闘によってもたらされる更なる悲劇の予兆、つかの間の平和が丁寧に描かれていた。
    バトーと素子の出会いもそこにある。

    ANECDOTE:2 Second Days
    イントロダクション。
    アニメでは素子とマムロ中佐の関係を中心に描かれていたが、漫画ではバトーと戦時中の傭兵たちの関係から物語が発展していく。
    こちらの方が進行がしっくり来る。

    夏の終わりに
    急に隕石が止まって、実は何も起こりませんでした!
    という方向にはいかない気配…。

  • サイボーグ化がまだ一般的に受け容れられてない世界観が伝わってくる

  • 電子書籍。多くの犠牲の上にクザン共和国のクーデターは鎮圧された。「オレたちは道具じゃねぇ」とバトーが呟くシーンが切ないですね… 平和な世になりニコニコ便で働くバトーに笑ってしまうw そんな時レンジャー時代の仲間・ヌカワが殺されイシカワ、ボーマと供に仇討ちに動き出すバトー。同時収録、オリジナル作品中編。

  • 子供の素子が…
    501機関の備品扱いだった素子が9課に辿り着くまでが読めるのか!!

  • 2014/8/23読了。

  • 9課メンツが少しずつ出てきて楽しい。少佐は救いはないが。タイトな雰囲気はらしいので素晴らしい。

  • ボーマ、イシカワ、トグサと後の公安9課のメンバーが少しずつ登場。
    彼らと素子を結ぶ糸が、どのようにつながれていくのか。今は敵対しているけれど、いずれは公安9課として、ゆるぎない絆が織られていくわけです。そのきっかけはいつなのか。マムロ中佐の事件の全貌が明かされると同時に、つむがれていくんですかね。

    ・・・宅配便のバトーさん。あれは仕方ないっすわ。

  • -

全10件中 1 - 10件を表示

大山タクミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×