そんな未来はウソである(4) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (11)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 230
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063769784

作品紹介・あらすじ

他人が嘘をつくと、それがウソだと判ってしまう女子高生、佐藤アカネ。他人と目が合うと、その人の未来が少しだけ見えてしまう大橋ミツキが、同じクラスに? ミツキに鏡を見せてしまったアカネは、ミツキが話したこともないクラスメイト、高山くんと結婚する運命にあることを知る。しかし、それを知ってしまったミツキは、意識すると未来が変わるという。アカネは罪悪感から、本来結婚するはずだった二人をくっつけようと奔走するが‥? 超能力少女二人が送るフツーの高校生活は、やっぱりフツーじゃなかった!?

他人の未来が少しだけ見えてしまうミツキ、ウソがわかるアカネ。特殊な能力をのぞけば普通の女子高生。アカネは、ミツキと高山をくっつけようと策を練り‥‥。ミツキは、アカネと深い親友関係になりたいと願い‥‥。高山は、ミツキと密接な関係を望み‥‥。そんな3人を待っていたのは、離ればなれの危機、クラス替え。高2の春は、想いと裏腹にオトナの階段のぼりおり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  •  進級したのね!
     そしてクラス別れちゃったのね!
     2人の仲は進展してるのかしてないのか……でもかわいいから許す!

  • 新キャラは登場して恐ろしく強烈な個性を持ってるけど、アカネとしか絡んでないからやはり今まで通りという印象

    ミツキも初期と比べたら人間関係構築に積極的になってるね。そのお陰かアカネがミツキと高山を中心に振り回していたのが、ミツキが周囲を振り回すように変化している。最早アカネが序盤に望んでいた静かな世界なんてドコにもないのが面白い

  • 未来予知、嘘感知という超能力者が主役なのだけれども、二人とも能力を積極的に使わないせいで「あまり教室から出なくてアホの子成分の少ない『みなみけ』」のような感じ。最大の違いはラブコメ展開がループせずに(ゆっくり)進展するところかなあ。

  • 今巻も、まったりと暇な時間に読むのにはいいですね。くっつきそうでくっつかない人を見てると、頑張れよって思いつつももういいんじゃね?って思っちゃう次第です。でも、高山くんと大橋さんはくっつきそうだけど、見てる側にはアカネさんが嫁だと思います。
    二年生になって、呪いを使う個性的な後輩もできました。
    なんだかんだでアカネさんがまともすぎて。
    4巻ではバカっぽい父親との会話が好きでした。

  • 買うた

  • あれっ、ISBNコードがない。。。

  • 2014/04/11読了。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

代表作に『みなみけ』、『今日の5の2』がある。現在、別冊少年マガジンで『そんな未来はウソである』を連載中。

「2014年 『そんな未来はウソである(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜場コハルの作品

そんな未来はウソである(4) (KCデラックス 週刊少年マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする