小説 四月は君の嘘 6人のエチュード (KCデラックス)

著者 :
制作 : 新川 直司 
  • 講談社
3.83
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063770926

作品紹介・あらすじ

月刊マガジン連載、珠玉の音楽コミック「四月は君の嘘」が、小説に! 母の死がきっかけで演奏中に自分の弾くピアノの音が聞こえなくなってしまった、有馬公生。華やかなその経歴と、孤独に苦悩する姿を、漫画とは違う目線で描く。主要登場人物5人が語る、公生への思い。さらにくっきり浮かび上がる、公生像。漫画では描かれなかったエピソードも掲載。「四月は君の嘘」の世界がますます深く、美しく広がっていく―。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 説版君嘘。サブキャラから見た有馬公生くんとのエピソードの短編集でした。大好きなお話をほかの作家さんが描くスピンオフとか大好きです。さらに世界が広がって、キャラの違う一面とかもっと掘り下げた内面とか見れてとても素敵でした。どの章も素晴らしく、涙が溢れました。みんなが有馬くんのことが、大好きで嬉しい!あえて、どれが一番かと問われれば、椿ちゃんの章かな? 幼馴染の椿ちゃん。一番近くにいて、一番見ていた。そんな椿ちゃんが、切なくて、健気でね・・・涙がとまりません。

    あーーーー! でも 渡くんの話の、いろいろわかったうえで、それを押し付けることなくおちゃらけ男をしてるとこも、ぐっときたし、相座くんと絵美ちゃんの話も、有馬くんに打ち抜かれたことで、さらにピアノの世界が輝きだすのに、うるうるだったし、プロローグとエピローグのかをりちゃんの話は、もうほんとに有馬くんへの、恋文だしで、すべて、すべてのお話が、愛があふれていました。

  • 本編の最終話を読んだのが先なので、ちょっとバイアスがかかってしまっているかも。
    主要登場人物の各自の視点で物語られているので、なぜ(物語上の)現在の関係になっているかが保管されて、とても楽しめました。
    本編最終話を読む前に読んでいると、最終話を読んだ後にもう一回読めば印象の変わる話もあるので、ちょっともったいなかったかなぁと思いました。

  • 爽やか。もっと読みたくなってしまう。

  • 読んだあと感傷に浸りたくなるような内容だった

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、2003年「業多姫」(富士見書房)で作家デビュー。
著書に「源氏物語あさきゆめみし(全5巻)」「平家物語」「竹取物語」(講談社青い鳥文庫)、「小説ちはやふる 中学生編」「小説 映画ちはやふる 上の句、下の句」(講談社)、「orange【オレンジ】」(双葉社ジュニア文庫)などがある。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。

「2018年 『小説 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 四月は君の嘘 6人のエチュード (KCデラックス)のその他の作品

時海結以の作品

小説 四月は君の嘘 6人のエチュード (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする