• Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063771510

作品紹介・あらすじ

「シンイチとミギーのふとした日常」「もし寄生生物が少女マンガで人間を学習したら」「田宮良子が産んだ赤ん坊のその後」「まったく別の場所で起きた寄生生物との惨劇」……etc.
岩明均が20数年前に描いた日本漫画界の金字塔的作品『寄生獣』の世界を、現代の人気女性作家たちがイマジネーションを拡げて描く奇跡の超豪華トリビュート。『寄生獣』を愛するすべての人へ捧ぐ、15篇の物語を収録するファン必見の一冊がついに登場!

「シンイチとミギーのふとした日常」「もし寄生生物が少女マンガで人間を学習したら」「田宮良子が産んだ赤ん坊のその後」「まったく別の場所で起きた寄生生物との惨劇」……etc.岩明均が20数年前に描いた日本漫画界の金字塔的作品『寄生獣』の世界を、現代の人気女性作家たちがイマジネーションを拡げて描く奇跡の超豪華トリビュート。『寄生獣』を愛するすべての人へ捧ぐ、ファン必見の一冊がついに登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • C10-01

  • 縺輔∪縺悶∪縺ェ蟇?函迯」迚ゥ隱槭′隱ュ繧√※讌ス縺励>縺励?∬?蜻ウ豺ア縺??ょッ?函迯」縺ョ逕溽黄逧?音蠕エ縺ォ辟ヲ轤ケ繧貞ス薙※縺溘j縲∽サ悶?莠コ縺ォ蟇?函縺励◆繧峨←縺?↑縺」縺ヲ縺溘°縺ォ辟ヲ轤ケ繧貞ス薙※縺溘j縲√?繝ウ繧ャ縺ァ謠上°繧後◆迚ゥ隱櫁?菴薙?蟒カ髟キ邱壻ク翫r謠上>縺ヲ縺ソ縺溘j縲√◎繧後◇繧瑚カ」蜷代′蜃昴i縺励※縺ゅ▲縺ヲ豼?ッ?↑荳?蜀翫〒縺励◆縲ら音縺ォ縲∵眠荳?縺ョ辷カ隕ェ繧呈緒縺?◆縺ェ繧九@縺セ繧?j縲後い繧ソ繝ゥ繧キ繧ュ繝偵ヨ繝?ヮ縲阪d縲∝ッ?函迯」荵吝・ウ繧イ繝シ縺ァ隨代o縺帙※縺上l縺滄サ呈ヲョ繧?>縲後ヱ繝ゥ繧オ繧、繝医?繝ゥ繝悶?阪′蜊ー雎。逧?□縺」縺溘?

  • もう一冊よりつまらない話が多い

  • 初めてのアンソロジー。僕自身寄生獣の原作は好きなだけに様々な観点から寄生獣を描いてみるというのは結構面白かったです。しかし、作品にもかなりバラツキがあり、面白いものとそうでないものとに別れたかな、と思います。しかし、女性作家だからこそ描ける寄生獣だったと思います。

  • なるしまゆりさん目当てで購入。なるしまさんのキャラクター解釈についてはもう何も言うこと無いです…良い本編補完だった…。
    読んだ後ストンと腑に落ちる感じ最高に好きです。

    あと他に好きだったのは金田一蓮十郎せんせーのお話とあとミキマキせんせー方の脱力系ギャグ…こういうのすっごい好きです…女性誌らしいお話たち堪能させて頂きました。

  • ブルマ・・・

  • 女性作家編。エムもあるのかな。
    明日美子先生目当て。
    その他お初の作家さんばかり。好きなのはカシオ、わたなべあじあ、新城一。
    特にあじあさんは続き読みたいくらい。作品要チェケラ。

  • プロ漫画家による、プロ漫画家が『寄生獣』を読んで触発されて想像するのを止められなかったであろう短編がギュッと詰まっている。明日美子さん目的で読んだのだが、あのページ数で明日美子エロスを醸し出している…流石だ。

  • 寄生獣のアンソロジー。

  • 購入

    15名の女性作家が描く「寄生獣」がまとまった本。
    本編を生かした作品あり、本編の登場人物とは別の人物を描いた作品もあり様々な「寄生獣」が楽しめる。

    本編同様ちょっとエグい描写もあるので作家買いする人は注意が必要かも。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

中村明日美子の作品

ネオ寄生獣f (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする