攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(6) (KCデラックス)

  • 講談社
3.60
  • (3)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063773606

作品紹介・あらすじ

『攻殻』最新シリーズ始動!!
戦闘型サイボーグのバトーが、まだレンジャー部隊で活躍していた時代。内戦がつづくクラン共和国に外務大臣救出の任務を帯びて送り込まれたバトーが、ある女性と出会う。501機関所属の草薙素子。それは、攻性部隊「攻殻機動隊」が誕生するきっかけとなる運命の出会いであった。

クリスマスの夜、警察機動隊が水の売買協定に反対するデモに参加していた市民を射殺する事件が発生した。超法規的特務権限のある正式な部隊の設立を目論む素子は、事件を解決して、自分たちの力を証明するため、全力で捜査にあたる。ただ事件の背後には情報部などの巨大な力がうごめき、邪魔をする素子に逮捕状が出される! 攻性の特殊部隊「攻殻機動隊」結成直前の人気シリーズを完全収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ANECDOTE:5 Winter Wizard
    クリスマスイブに面倒な事件。
    解決の末、ようやく独立した特務権限と特殊部隊の成立を勝ち取る素子たち。

    勝負に負けたホヅミ大佐。
    これで1つの勢力が潰れたのか。

    ネットの海に亡命していった二人のゴースト。
    未来の草薙に繋がる描写だったのか。

    基本的に女っ気のない作品だけど、独身男ばかりのクリスマスパーティはむさっこいことこの上ない。
    が、このしょうもないやり取りが好きでしょうがない。

  • 電子書籍。事件の背景にある悪質な電脳ビジネス、ホヅミとクルツの確執… 今回、荒巻部長がちょっとかっこ良く見えてしまった自分w 面白くってまた1巻から再読しちゃいました。バトーの泥臭いというか熱苦しさが大好き♪ 最後、いい所でみんなに笑われちゃったバトーが不憫で可笑しい!

  • バトーと少佐は、一回くらい寐る機会があったんだろうか?

全3件中 1 - 3件を表示

大山タクミの作品

ツイートする
×