RiN(14)<完> (KCデラックス)

  • 講談社
3.54
  • (8)
  • (17)
  • (18)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 184
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063774931

作品紹介・あらすじ

全ての謎が今明らかに!! 伏見vs.瀧、ついに決着! 「トーラス」新年号表紙を描くのはどっちだ? 一方、「紀王=伏見」と「ユリ=凜」、時を超えた”魂の絆”が導く運命とは? すべての謎と伏線が明らかになる感動の最終巻!! ハロルド作井氏”幻のデビュー読み切り”『そうはいかん』『君は虎の目をしていた』も特別収録。

すべての謎が明らかに!!!【キャッチ】伏見vs.瀧、ついに決着! トーラス新年号表紙を描くのは誰だ? 一方、「紀王=伏見」と「ユリ=凛」、時を超えた“魂の絆”が導く運命とは――。すべての謎と伏線が明らかになる、感動の最終巻!!!   ハロルド作石“幻のデビュー読み切り”『そうはいかん』『君は虎の目をしていた』も特別収録!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 楽しくてワクワクして、終わってしまうのが惜しい作品だった、めげない主人公に拍手喝采!

  •  この時代を乗り越える方法として「とどまることなく前に進んで行こう」とする青年を、肯定的に描き続けているハロルド作石に拍手したいと思う。
    https://www.freeml.com/bl/12798349/954155/

  • 魂の話だったな。
    表紙がBECKっぽい(笑)

  • 最初超つまんなくて読むのやめようかと思った。
    絵が平面的なの。
    お祭りあたりから徐々に面白くなって、Rememberが出てきて急に面白くなった。
    あのネームの方が絵がイキイキしてて立体感があるの。むしろRememberを連載した方がストーリー良かったのでは。
    結局テーマは少年の成長っとこなのね。

  • 二兎を追うものはどうなるのやらって言う漫画家成長物語。なんだけど一本調子過ぎるのがよっと・・・。

  • ハロルド作品特有の高揚感はあったかど、尻すぼみ感がある。

    言いたいこと、というか伝えたいことはすごくわかる...
    だからこそ丁寧にえがいてほしかったなぁ。。

  • ☆☆☆★

  • 途中から盛り上がった割に結末は消化不良気味。
    どうしても同じようなテーマで同時期に完結した『スピリットサークル』と比較してしまい、あちらの出来があまりにも良かったために霞んでしまう。

  • 新人時代の2作品不要

  • 読み終わった。完結。遂に。感無量。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県春日井市出身。代表作に『BECK』『RiN』『ゴリラーマン』『バカイチ』『ストッパー毒島』などがある。現在はヤングマガジンにて『7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT』を連載中。

「2020年 『7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT(13)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハロルド作石の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×