昭和史(4) (水木しげる漫画大全集)

著者 :
  • 講談社コミッククリエイト
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063775686

作品紹介・あらすじ

半世紀以上にも及ぶ漫画家生活初の集大成! 『水木しげる漫画大全集』第2期は超ボリュームの全35巻。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などの代表作から、貸本時代、風刺、戦記など様々なジャンルに及ぶ水木しげるの漫画作品を完全網羅。
京極夏彦責任監修。

水木しげるの自分史が、激動の時代と重なっていく……講談社漫画賞受賞の『昭和史』はついに完結編! 「講和から復興」と「高度成長以降」そして「番外編」を収録。貧困にあえいだ苦しい戦後を経て、日本は高度経済成長期へと突入する。その背中を追うように、どん底の生活を経た水木しげるも漫画家として大きな成功をつかんでいく。「戦争」と「平和」そして「幸福」とは…。今こそ読みたい、水木しげるが描くリアルな昭和の姿。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『講和条約と日米同盟関係』

    『ついに、マンガ「ロケットマン」を仕上げる』

    『もはや戦後ではない』

    『「岩戸景気」はじまる』

    『「もぐら」のような生活』

    『六十年安保騒乱』

    『どん底生活の日々』

    『コーヒーより、そば』

    『東京オリンピックと新幹線のかげに』

    『「貧乏戦争」末期』

    『反乱する学生たち』

    『変わったアシスタントたち』

    『高度成長の矛盾』

    『ついに倒れる!』

    『三十年ぶりの戦地』

    『トペトロとの再会』

    『万国博とハイジャック』

    『美女エプペ

    『帰還兵たち』

    『田中角栄と日本列島改造』

    『家ダニのような生活(心象風景)』

    『ロッキード事件』

    『解放なき自由業(いや、不自由業)』

    『安定成長の中での頽廃』

    『再びトペトロの村へ』

    『奇妙な豊かさ』

    『平凡な日々と空想』

    『怪人二十一面相』

    『天皇陛下崩御とリクルート』

    『「戦争中の恩が還ってきてうれしい」』

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

水木 しげる(みずき・しげる):1922年生まれ。鳥取県境港市出身。漫画家であり、妖怪研究家でもある。太平洋戦争時ラバウルで爆撃を受け、左腕を失う。戦後、魚屋、輪タク屋、アパート経営などを経て紙芝居を書き始め、のちに貸本漫画家に転じる。1965年、『テレビくん』で講談社児童まんが賞を受賞。代表作に、『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』などがある。2010年、文化功労者。2015年逝去。

「2024年 『水木しげる厳選集 異』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×