ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.27
  • (364)
  • (326)
  • (122)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 2864
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063803204

作品紹介・あらすじ

全国大会団体戦、決勝トーナメント。
各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう
負けたら終わりの勝ち抜き戦。
そこには、千早たちが目に焼き付けた
クイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。
“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


全国大会団体戦、決勝トーナメント。各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう負けたら終わりの勝ち抜き戦。そこには、千早たちが目に焼き付けたクイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うわぁ!もう読み終わったときいつもこうなる。机くんが、机くんの頑張りに感嘆しました、それと円陣はみてて毎回元気もらいます。風そよぐ〜家にある百人一首を眺めたくなった。次刊も気になります

  • 13巻では、”苦手意識からの克服”が描かれている。
    長所を伸ばすことと、短所を克服すること。
    前者の方が、自分らしさが際立って進んで取り組みたくなるけれど、
    後者もまた、地味だけど、無事克服した時の感動は一塩。

    後、「風そよぐ」の涼やかな心を伝えたかなちゃんが素敵。

    
”風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける”

  • 前巻で詩暢ちゃんが元に戻って安堵した訳ですよ、もう。てか、前巻そこじゃないだろメインは。で、この巻では、そんなクイーンを引きずり下ろすべく、千早の前に立ち塞がるライバルの一人、眼鏡っ娘の逢坂恵夢さん登場。闘志があるんだかないんだか、チームワークの大切さを理解してるんだかしていないんだか、曖昧模糊として、ただ立ち塞がる彼女は、外になかなか出してこないだけで、内面は極めて複雑怪奇な闘争心を抱いてて、「かるた上手い奴にロクなのいない」と改めて思った。一番おかしいのはもちろん詩暢ちゃんで、だからこそ好きなんだが。

  • これもアニメ化なんだなぁ。

  • コミック

  • 縺薙?縺セ縺セ諠??ア蜿朱寔蠖ケ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺励∪縺?◎縺?↑譛コ縺上s縺ォ逋コ遐エ繧偵°縺代k閧峨∪繧薙¥繧薙?ゅ〒繧ゅ?∵惻縺上s縺ッ隧ヲ蜷医r縺溘¥縺輔s隕九※逍イ蜉エ蝗ー諞翫↑縺ョ繧医?√o縺九▲縺ヲ縺ゅ£縺ヲ縲よコ悶??アコ蜍昴?鄙碑??鬮倥r遯∫?エ縺励※縲∵コ匁アコ蜍昴?騾「蝮よ?螟「縺ョ縺?k譏守浹隨ャ荳?螂ウ蟄宣ォ倥→蟇セ謌ヲ縲ゅ@縺九b邨?∩蜷医o縺帙?蜊?掠縺ィ諱オ螟「縲ゆク?騾イ荳?騾?縺ョ莠定ァ偵↑蜍晁イ?縲
    譏守浹隨ャ荳?螂ウ蟄宣ォ倥?辭ア陦?鬘ァ蝠上???「蝮よ?螟「縺ョ霑ス縺」縺九¢繧偵@縺ヲ繧九き繝。繝ゥ蟆丞Ι縺溘■縺ェ繧薙°繧ょ魂雎。豺ア縺?¢縺ゥ縲∬。ィ邏吶′縺イ縺セ繧上j貅?霈峨?螟上i縺励&縺ィ螟ァ豎溘■繧?s縺ョ縲碁「ィ縺昴h縺舌?阪〒縺吶?縺」縺ヲ逋コ險?縺ョ蟇セ豈斐′荳?逡ェ蠢?↓谿九▲縺溘°縺ェ縲

  • 息遣いまで聞こえてきそうだ。

  • 決勝トーナメント1回戦、と2回戦。

    逢坂恵夢こえ~。
    闇が深いよー。
    多分、この漫画の中で一番の黒キャラ……。
    クイーンも闇深めだけど、天然で闇が深いって恐ろしすぎる。

  • 机くんの分析力すごい…

  • 全国大会も結晶目前!

全183件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする