ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (351)
  • (318)
  • (130)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 2807
レビュー : 189
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063803242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【ネカフェ】机くんすげー!「僕を助けるのは僕のデータ みんなのことも助ける かならず」/富士崎の2年生、みんなが魅了される山城専任読手の孫とか。おばあちゃんの読みでほぼ無敵じゃん。

  • 726.1 ス  登録番号8526

  • 詩暢ちゃんの目には、まだ、女子は、だれもうつってないというのが、なんというか、彼女の孤独を際だだせていていいと思います。

    そして、かるた。奥が深い。
    おまけ4コマも、その奥行きをちゃんと形作っているピースになっているのが、凄い。

    それぞれ、1人1人のドラマを造るのが、本当にうまいです。

  • 詩暢ちゃん、下着までスノー丸!
    ここまでくるとどこにスノー丸がいるのかと必死で探してしまうよ…。
    彼女のどこまでも強気な性格が大好きです。

    千早にはまたやっかいなライバルが現れましたね~。
    ちょっとした事がすぐ顔に出る千早と、どこまでも無表情な理音。
    この試合はどうなるんだろう!?

  • 決勝突入。さてはて。カナちゃんのところは切なくてよかった~。
    それでちはやも怪我か!?というところで次巻。

  • 富士崎高校もキャラ濃いな〜

  • 色を聞く…かるたって五感全部使っても足りないくらいなんだろうか。山城専任読手のあの情景描写美しいなあ。さて、北央すら1-4で負けた富士崎との決勝。かなちゃんに続きちはやまで!?っていう引きは…!あああ…今手元に14までなんだよう…

  • ◎マンガ大賞2009(第2回)受賞作品。

    2012年3月3日(土)読了。

    2012-18。

  • 準決勝決着。決勝戦。
    机くんがカッコよくて痺れる。
    恵夢たん、本気になってからあまり可愛くない。
    かなちゃん机くんが全国で通用するレベルに達していることが
    ものすごい事だと思うわ。たった1年で。C級だし。
    しのぶがいることがどれだけ影響を与えるかが少し楽しみ。

  • 負けたら最後の全国大会団体戦決勝トーナメント。
    クイーン候補と期待される逢坂恵夢率いる明石第一女子高校とぶつかった千早たちは各々が全力をぶつけ合う死闘となって…。

    逢坂と千早の勝負決着。なんていうか本当に白熱した。お互いに得意としてる名前関連の札を奪い合ったり、すごい。
    最後の机くんの運命戦が本当にハラハラもの。てかこんな状況絶対やだ。プレッシャーで負ける。
    勝ったはいいけど、かなちゃんそんなーみたいな展開に。
    筑波君一瞬見抜いてて言い出したのかと思ったけど、そんなことはなかったか、ちょっと残念。
    かなちゃん健気で可愛いよ。
    ついに決勝だけど、桁違いに強いのきましたね。てか能面な理音ちゃんが個人的に好み。また千早の強さを引き上げてくれそうな感じ。
    なんかすごく不穏な事態になりそうだけど…。

全189件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

ツイートする