ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (351)
  • (318)
  • (130)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 2807
レビュー : 189
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063803242

作品紹介・あらすじ

全国大会団体戦、決勝トーナメント。
各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう
負けたら終わりの勝ち抜き戦。
そこには、千早たちが目に焼き付けた
クイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。
“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


負けたら終わりの全国大会団体戦決勝トーナメント。予選ブロックを勝ち上がった千早たち瑞沢高校は、クイーン候補と期待される逢坂恵夢擁する西の代表・明石第一女子高校と対戦。千早と恵夢の意地と意地の戦いが拮抗するなか、流れをつかめない他の瑞沢メンバーは苦戦。5人対5人の勝負は、おのずと全力をぶつけあう死闘となりある者は勝ち、ある者は負けていく――!!3人勝って団体戦決勝へ駒を進めるのはどちらになるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 机くんがいい男過ぎて大満足です。

  • アニメ化で、新が細谷さんなことにビビりつつ。

    テニスにも言えることだけど、どの学校もそれぞれの学校だけのものが出来上がっているんだなと思った今巻でした。絆とか。
    読んでいてわからなかったんですけど、結局山井真琴さんは男なのか女なのか!?笑

  • 1巻~13巻までは読んでいたけどレビュー書く暇なかったので今回でまとめてってことで。

    14巻は大江さんが自分の枠を後輩に託すシーンで泣きました。
    熱いよ。すげーかっこいいよ。

    毎回どこかしらにグッとこみあげてくるエピソードを入れてくるあたり作者の力の入れようがうかがえますね。

    単純に面白い。

    女性版スラムダンクだと思ってます。

  • 全国高校かるた選手権団体戦の準決勝もいよいよ佳境。

    個人的に机くんが好きで好きで、彼の心理描写だけで泣きそうになります。
    情報を集めたり分析するのが得意な机くん。
    仲間のためにそれを活かすことが自分の役割と思い込もうとしていた机くん。
    そんな彼が前巻に引き続き真剣勝負の矢面に立ちます。
    自分自身に下した分析結果を超えて対戦相手に正対する姿には学ぶものが沢山あると思います。
    ほんとうに頑張ってほしい机くん!!

    勢いがあって読みやすい作品なのでアっという間に読み終えてしまいます。
    次巻がとんでもなく待ち遠しいです!

  • 机くんがとてもかっこいいです。見た目関係なくすごくかっこいいです。

    決勝に進出したちはや達ですが・・・

    最後が気になりすぎます。

    次巻が待ち遠しいです。

  • 毎巻読むたびに目頭が熱くなって、鳥肌が立つ漫画にそうそう出会えるもん
    じゃないと思う。

    かなちゃんが、吐いた嘘にはほんとに熱くなった。

    高校日本一をかけた決勝戦…どうなるんだろう。
    アニメも10月に始まるけれど、ほんとに先が楽しみで仕方ない。

  • 『ゴールデンカムイ』『東京喰種』と血飛沫の連チャンでさすがに心がヤラれ気味ですので、ここらで少し詩暢ちゃん見て心和ませようと思ったのですが…和む訳無いやん、詩暢ちゃんだもの。本当に「クイーン」の風格あるよねえ。男子高校生の前で生着替えとかしなければだが。で、本編はそれどこじゃなくて、明石破って団体決勝戦に挑む瑞沢高校かるた部の相変わらずの苦戦ぶり。何で勝ててるんだ。それにしても、よくこんなに様々なバリエーションの対戦相手を作り出すなあ…競技かるた凄いわー。末次先生凄いわー。あと詩暢ちゃん大好き(結局ソレ)

  • 表紙が良いですよ。
    輝いていますよ。

  • コミック

  • 貅匁アコ蜍昴?∵?遏ウ隨ャ荳?鬮俶姶縲りi縺セ繧楢イ?縺代?∝、ァ豎溷享縺。縲∝、ェ荳?蜍昴■縲∝鴻譌ゥ雋?縺代?√→縺阪※譛?蠕後↓譛コ縺上s蜍昴■縺ァ豎コ蜍晞?イ蜃コ縲よアコ蜍昴?逶ク謇九?蟇悟」ォ蟠朱ォ倥?縺翫b縺励m蜀?Κ莠区ュ縺御ク?豌励↓髢矩匍縲ゅ?繝翫き繝翫→縺九?√お繝ュ繝?縺ィ縺九?√b縺?ソ?☆縺弱□縺ェ縲
    縺昴s縺ェ縺ョ繧ゅ>縺?¢縺ゥ縲∝、ァ豎溘&繧薙?縲檎ュ第ウ「縺上s縲∝享縺」縺ヲ縺阪※窶ヲ窶ヲ縲阪?濶ッ縺九▲縺溘?る怫縺医′縺ッ縺励▲縺溘?

  • クイーンは、
    これからどう変化するんだろう。
    彼女の強さに、どう影響を与えるのだろう。

  • 決勝トーナメント2回戦、VS明石第一女子。
    チームは勝ったけど、千早は負けた。
    めぐむたん、恐ろしい……。

    そして決勝戦。
    読手の孫とか、ずる過ぎる……。
    そしてこの学校もまたキョーレツ……。
    一体どんだけキャラの引き出しあるんだ。

  • 駒野先生…かっこよすぎる…

  • さあ、決勝戦!どうなるかなあ?

  • 近所の漫画喫茶に会員登録しての4冊まとめ読み。ラブ要素が増えるのもまた一興ですな。

  • ついに決勝まできた!!
    さらなる強敵出現。
    ラスト、ケガか…!?

  • 理音(富士崎)が今後感情を露わにすることはあるのでしょうか。
    唯我独尊の詩暢が、団体戦が気になりだしました。

  • 大江先輩かっこいい!

  • (2017-03-01L)

  •  千早2年生、全国大会準決勝から決勝戦へ。

     精密分析がチームの力になっていたことは勿論、自分の力にもなっていた。これは、肉まんくんの考えていたこととは別の観点の成長の証しである。

     この陰の努力と工夫が自らの、そして本人が最も望んだチームの勝利へ導いていく。
     カタルシス満載の準決勝である。

     そして決勝。
     勝利という目的意識の高さでは群を抜く相手との対決。現実の戦いとは別の、戦いの裏面で語られるのは新と詩暢の隠された(恐らくは幼少期の)関係である。
     新が幼い詩暢を怒りの炎を焚きつけたことが想起されるが、今その彼の目に居るのは詩暢ではない。それを詩暢はどう受け止めるのか。
     彼女の本音はまだ見えてこないが、詩暢が唯一人同世代の好敵手とみてきた新、乗り越えるべき壁であるとみてきた新を揺さぶる存在に、自らも平静ではいられないはずだ。

  • 負けたら終わりの全国大会団体戦決勝トーナメント。予選ブロックを勝ち上がった千早(ちはや)たち瑞沢(みずさわ)高校は、クイーン候補と期待される逢坂恵夢(おうさか・めぐむ)擁する西の代表・明石(あかし)第一女子高校と対戦。千早と恵夢の意地と意地の戦いが拮抗するなか、流れをつかめない他の瑞沢メンバーは苦戦。5人対5人の勝負は、おのずと全力をぶつけあう死闘となりある者は勝ち、ある者は負けていく――!!3人勝って団体戦決勝へ駒を進めるのはどちらになるのか!?(Amazon紹介より)

  • 天然・恵夢たんの明石第一との準決勝。
    1勝ごとに流れが変化する。
    団体戦の緊迫感が伝わってくる。

    しのぶちゃんの発言は、いつもグサグサッと心に刺さる…

  • 2016.2.10

  • ちはやが突き指を!!一体どうなるのやら...めちゃくちゃハラハラします

  • 明石女子から富士崎高校決勝。

    いい試合だった明石女子。
    そして強豪富士崎。
    机くんの運命線にはどきりとしたー。

    富士崎のペースがもう怖いわ。。
    エロムは男としてないわ。。苦笑
    キョコタン登場で吸収できるか千早?

    そして、新。
    試合見ないと。。。
    なんでもかんでも真面目すぎるのは良くないと思うんだけどな。。。

    太一の空札把握力が怖いわ。。

  • 【映像化作品特集】
    資料ID:98150638
    請求記号:726.1||S||14
    配置場所:工枚特集コーナー

  • 決勝。相手は山城理音。
    表紙が机くん、肉まんくん。

  • クイーンが良いなw

  • ひさしぶりのちはやふる。

    机君のまつげ。

  • とうとう決勝戦、気になる千早のアクシデント。

全189件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする