ちはやふる(16) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.32
  • (372)
  • (292)
  • (105)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 2695
レビュー : 200
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063803396

作品紹介・あらすじ

全国高校かるた選手権。千早たち瑞沢メンバーは念願の団体優勝を手にしたが、興奮も冷めぬまま翌日の個人戦に突入。千早の幼なじみである新やクイーン・詩暢もついに登場。各階級優勝を目指す千早たちは健闘を誓うものの、前日の団体戦で指を負傷している千早は不安が募る。強豪が勢ぞろいした個人戦の火蓋がいま切られた!!

全国高校かるた選手権。千早たち瑞沢メンバーは念願の団体優勝を手にしたが、興奮も冷めぬまま翌日の個人戦に突入。千早の幼なじみである新やクイーン・詩暢もついに登場。各階級優勝を目指す千早たちは健闘を誓うものの、前日の団体戦で指を負傷している千早は不安が募る。強豪が勢ぞろいした個人戦の火蓋がいま切られた!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頑張ることがしんどくなったり、怠けそうになった時、自分に活を入れるために読みます。高校生がこんなにガチで頑張ってんのに自分まだまだ気合いたんないだろってね。高校生に戻ってまるでかるた部の仲間になったつもりくらいで読んでます。

  • 頑張るって、こういうことか。って、毎巻感じながら読んでいます。
    子供の頃から高校まで、ずっと百人一首かるたをやってきましたが、競技かるた程激しいものではなく。
    熱く打ち込めるものがあるときが、青春なのかな。

  • ずっとレベルを保っている

  • 今巻で一番ぐっときた箇所は、新に「瑞沢の人はみんなこんなに一生懸命かるたを取るんか?」的な問いに対して答えた肉まんくん。
    前に太一も言ってたけど、一生懸命になればなるほど言い訳できんし、悔しさも増す。それは太一らしいなあと思ってたけど、肉まんくんのこの2ページもすごく肉まんくんのキャラらしいというか・・・。
    とりあえずあついわああああああああああああああああああ
    太一気負ってどうなるのかw最後のひょろくんまじおもしろいw
    次巻も楽しみです。

  • 新しい巻を読むたびに1巻から読んでしまう…。

  • うおー、決勝!決勝!

  • コミック

  • 蝗」菴捺姶縺ァ蜈ィ蝗ス蛻カ隕??よ眠縺ィ縺ョ諢溷虚縺ョ蜀堺シ壹→縺?″縺溘>縺ィ縺薙m縺?縺代←縲∝、ェ荳?縺ョ譁ー縺ク縺ョ諱九?繝ゥ繧、繝舌Ν蠢?′縺セ縺溘Γ繝ゥ繝。繝ゥ縺ィ縲よ?ェ謌代@縺溷鴻譌ゥ縺ッ鄙梧律縺ョ蛟倶ココ謌ヲ繧呈」?ィゥ縺吶k縺ィ縺翫b縺?″繧?キヲ謇九□縺代〒譁ー縺ィ縺ゅ◆繧九→縺薙m縺セ縺ァ繧?k豌励〒縺吶?ゅ@縺九@縲??比クュ縺ァ繧ッ繧、繝シ繝ウ縺ィ縺ゅ◆縺」縺溘◆繧∝承謇句セゥ豢サ縺励◆繧ゅ?縺ョ縲√&縺吶′縺ォ逶ク謇九↓縺ェ繧峨★窶ヲ縲ゅ&縺ヲ縲∵眠縺ィ繧ッ繧、繝シ繝ウ縺ョA邏壽アコ蜍昴→縲∝、ェ荳?縺ョB邏壽アコ蜍昴?縺ゥ縺。繧峨r隕九k縺九→縺?∴縺ー窶ヲ縲ゅ≠縺ィ縲√け繧、繝シ繝ウ縺ョ谿句ソオ繝輔ぃ繝?す繝ァ繝ウ縺ッ逶ク螟峨o繧峨★縺ァ螳牙ソ?@縺溘?

  • 二回泣いた。シリーズ最高かもしれない。
    パターン認識とフィードバックで物語の軸を作れるというすごい事例。

  • 右手の怪我により左手で善戦するも、詩暢ちゃんには敵わず……。
    A級決勝は新とクイーン。
    B級決勝は太一と山城理音……こうなると思った!
    そして駒野と筑波もそれぞれの級で決勝に残っての決勝戦!

全200件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(16) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(16) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする