明治緋色綺譚(10) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (11)
  • (22)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 234
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063804133

作品紹介・あらすじ

「兄さまは、あたしが守る」。春時を救うため単独で屋敷を抜け出した鈴。この無謀とも思える行動が、遠峰を追いつめる鍵へと繋がっていく。だが真相に近づきすぎたことで、鈴は絶対絶命の危機に直面し!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    「兄さまは、あたしが守る」。春時を救うため単独で屋敷を抜け出した鈴。この無謀とも思える行動が、遠峰を追いつめる鍵へと繋がっていく。だが真相に近づきすぎたことで、鈴は絶対絶命の危機に直面し!?

    【感想】

  • 1人で動いて春時についていった鈴。春時が運ばれた屋敷で半司郎登場。新キャラまた増えた。本当に悪いやつなのかなぁ。なんか頭良さそうだけど。津軽や春時とはまた全然違う雰囲気で結構好き。鈴が春時にお粥食べさせてあげるところ可愛かったな。春時助かって欲しいなー。津軽に助けを求めて村に向かった鈴。追い掛けてきた半司郎から助けてくれたのは心を入れ替えたっぽい佐之次。本当に心入れ替えたのかな。なんかついつい怪しいな〜って目で見ちゃう。そんな事よりここにきて、津軽が前に好きだった人の名前がちらっと出てきたけど、鈴との恋全く進んでないのにひなさんこれから出てくるのかしら。遠峰の阿片に関わっていた夏川を見つけて跡を追ったら逆に鈴ピンチ状態。津軽が助けに来てくれるのかな。早く続き読みたい。恋愛面進んでくれ。春時19歳、佐之次25〜26歳になんか納得。でも津軽が佐之次より年下なのは納得いかない。もっと年上に見える。

  • もはや惰性で読んでる感じになってはきたが、読めば面白いし、続きは気になる。。。
    結局、春時はただのツンデレで、遠峰がサイコパスだったってこと?

  • 盛り上がってきたところ。仕掛けが動き出しているので続きが気になる。

  • なんかしっくり来ないまま、気付けば10巻でございます。年の差好物なんですけどときめきが少ないのは多分幼女らしくないからだろうなと思います。兄上かわいいよ兄上のためにラストスパートかけてきます。

  • なんだかんだで読み進めてしまった。どうでもいいけど、春時くんとはちクロの森田くんってそっくりだよね。

  • ようやく好みのキャラが…!半司郎さん格好いい。

  • この引きはあかんやろう!
    続き気になる!

  • 前巻の最後予告で出てきた半司郎。また悪人かと思いきや、私の好きなタイプでした。真剣なのだかふざけているのか分からない、でもバカじゃないって感じで。
    津軽もいいのだけど、飄々としてるから、こんなキャラがいると息抜きになるかも。

    行動力があって、お利口な鈴ちゃんですが、最後は絶体絶命。こんなときヒーローが現れるはずだけど、さてヒーローは誰?あとちゃんと屋根の下で鈴を受けとめるのかなあ。

  • 鈴が賢くて可愛い過ぎる。しかしどんどん登場人物が増えていくのに描き分けパない。そして予告の遠峰マジ怖い。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

BE・LOVEで「明治緋色綺譚」の読み切りを掲載後、同タイトルが連載としてスタート。代表作は「明治緋色綺譚」(全13巻)、続編「明治メランコリア」(全11巻)。現在は昭和を舞台とした「昭和ファンファーレ」を連載中。

「2019年 『昭和ファンファーレ(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リカチの作品

明治緋色綺譚(10) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする