明治メランコリア(5) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (4)
  • (10)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 130
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063804867

作品紹介・あらすじ

キャラクター人気投票開催中!
投稿された方の中から抽選で100名に
明治オリジナル図書カードをプレゼント!! 投票方法はBE・LOVEホームページで!

ひなに連れ去られた津軽を捜し、愛染の別荘にたどり着いた鈴。
そこで見たのは地下に繋がれた津軽の姿だった。
疲弊した津軽の口から、初めて聞く言葉。少女と青年の恋、新たなる局面へ―――!!

《キャラクター人気投票開催中! 投稿された方の中から抽選で100名に明治オリジナル図書カードをプレゼント!! 投票方法はBE・LOVEホームページで!》ひなに連れ去られた津軽を捜し、愛染の別荘にたどり着いた鈴。そこで見たのは地下に繋がれた津軽の姿だった。疲弊した津軽の口から、初めて聞く言葉。少女と青年の恋、新たなる局面へ―――!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    ひなに連れ去られた津軽を捜し、愛染の別荘にたどり着いた鈴。
    そこで見たのは地下に繋がれた津軽の姿だった。
    疲弊した津軽の口から、初めて聞く言葉。少女と青年の恋、新たなる局面へ―――!!

    【感想】

  • 遠峰さん登場!この人はどこまでも胡散臭い。遠峰さんの出した女性もののハンカチは伏線?ひなに連れ去られた津軽は愛染の別荘に。少しずつ愛染がどんな人なのか明らかになってくる。でもそれよりも、地味に春時と手茉莉コンビが面白かった。手茉莉の勢いに押されてる春時兄様。面白かった。愛染の別荘に平賀と一緒に乗り込んだ鈴子。2人のやり取りが少しずつ柔らかくなっていってるのがいいな。愛染の狙いと津軽がここまできた理由。最後の最後でやっと津軽との恋が動き出した様子。あの、好きだよはそーゆう意味での好きだよって事でいいのかな。

  • 話が大きく進んでいて面白い。
    男性キャラたちの見せ場だらけの巻。時間から新展開なので続きが気になる。

  • 鈴ちゃんが一気に大人になった感じ。
    津軽は津軽で相変わらずなのに、美しくなった鈴に振り回されてる感もあり、楽しめた。
    もっともっと二人の関係が進展して欲しいな。

  • どんどん話のスケールがデカくなってきて驚いております。そして女キャラが総じてウザくなってきましたちょっと辛い(笑)。
    倉田もっと出てこないかな~。
    チョイ悪イケメン軍人大好きなので!

  • うーん、前作の感じと大分変ってきたような…?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

BE・LOVEで「明治緋色綺譚」の読み切りを掲載後、同タイトルが連載としてスタート。代表作は「明治緋色綺譚」(全13巻)、続編「明治メランコリア」(全11巻)。現在は昭和を舞台とした「昭和ファンファーレ」を連載中。

「2019年 『昭和ファンファーレ(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リカチの作品

明治メランコリア(5) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする