かみだらけ(1) (KCx)

  • 講談社
3.71
  • (5)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063806830

作品紹介・あらすじ

天にも、地にも、万物には神が宿る―――。
「草の神」として、心穏やかな日々を過ごしていた草野神(かやのかみ)。
・・・が、無実の罪により命じられたのは、
「漬物の神」へのジョブチェンジ!
貧乏神になつかれ、福の神にバカにされ、
神社はいつも資金難…。
どこまでも不憫な草野神が報われる日は来るのか!?
“神だらけ”の神様コメディ第1巻☆

天にも、地にも、万物には神が宿る―――。「草の神」として、心穏やかな日々を過ごしていた草野神(かやのかみ)。・・・が、無実の罪により命じられたのは、「漬物の神」へのジョブチェンジ!貧乏神になつかれ、福の神にバカにされ、神社はいつも資金難…。どこまでも不憫な草野神が報われる日は来るのか!?“神だらけ”の神様コメディ第1巻☆

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本のおかげで漬物の神さまがいると知った。
    主人公は不憫だけど面白くて絵がきれい。
    八百万の神々がもっと登場してほしかったのに
    2015年4月に3巻が出て完結。

  • 漬物の神って本当にいるんですね!
    神様たちそれぞれの個性が強くて、なかなか面白かった。
    福の神が好き。
    TSUTAYA渋谷にてサイン本購入。

  • 草の神だったのに、他の神様から難癖つけられて漬物の神にさせられてしまった「かやのかみ」が、頑張って草の神に戻ろうとする、そんなギャグマンガ。

    出てくる神様がみんなフリーダムな感じでしたが、日本の神様ってけっこうみんな自由だよね☆
    天照大御神さまが頼りなさげな女の子になってたのが新鮮。橋姫ちゃんの個性は今後も活かされるべきだと思います。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ト/1 
    【資料ID】 1001012105 

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

第5回ARIAコミックグランプリで入賞し、「神神神神神(かみだらけ)」でデビュー。その反響の大きさから即「かみだらけ」として連載が決定した、注目の新人。『かみだらけ』全3巻、『池袋ヲトメ道戦記』既刊2巻。

「2017年 『だんだらごはん(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殿ヶ谷美由記の作品

ツイートする
×