昭和元禄落語心中(7) (KCx)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (57)
  • (94)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 934
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063807523

作品紹介・あらすじ

決別じゃなくて抱えて生きろ――。
師匠がくれた覚悟の教え。
過去の過ち、小夏の秘密……
すべてを背中に背負いこんで、
ついに叶えた親子会。
師匠・八雲と迎えたその日、
三代目助六演ずる「居残り」やいかに!?

八雲でもない。助六でもない。
三代目助六こと与太郎が切り拓く
落語の未来がここにある!!

決別じゃなくて抱えて生きろ――。師匠がくれた覚悟の教え。過去の過ち、小夏の秘密……すべてを背中に背負いこんで、ついに叶えた親子会。師匠・八雲と迎えたその日、三代目助六演ずる「居残り」やいかに!? 八雲でもない。助六でもない。三代目助六こと与太郎が切り拓く落語の未来がここにある!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018/01/20購入・01/21読了。

    八雲、絶体絶命!与太郎が自分の落語を見つけられてよかったように思う。

  • おお!信之助が大きくなっている!
    自分の通う幼稚園にお父さんが落語をしに来てくれたらうれしいよね。しかもお母さんまで!
    そしてやっぱり子供ウケする落語といえば「寿限無」なんですね。絵本もあるしね。

    昔の「寿限無」は子どもの名前を呼んでいるうちに子供がおぼれて死んでしまうという話だったとは初めて知りました。

    この変貌ぶりはまるでグリム童話。

    八雲師匠の落語の途中にみよ吉さんが見えたのにはぞっとしました。しかも演目は「反魂香」・・・

    この巻でも思いましたが、私は樋口センセイが一番好きなキャラです。

  • 2019.9.28市立図書館
    助六再び篇(其の六〜八)
    信之助の園での落語会(小夏の落語デビュー)、作家樋口栄助の助六と八雲への接近、歌舞伎座での親子会、そこでのアクシデント。噺は「寿限無」「反魂香」それに「居残り」。ひさびさに関西から萬月師匠も。古典にこだわり自分とともに落語が滅びてもいいという老八雲に対して三代目助六こと与太郎と樋口栄助がこれからどう未来図をみせていくのか、たのしみになる。

  • 何だろう、ほんとに心が揺さぶられる。
    八雲の表情、行動、生きざまを見ているだけで涙が。
    この巻だけでも何度涙してしまっただろう。
    何か、求めて今だ得られていないものが
    この作品にはあるのだろうと思います。
    それだけに、アニメ化はしてほしくなかったなぁ。
    演じ手陣が豪華なことは認めるんですけど、
    きっと観ないのだろうと思います(´・ω・`)。
    次の巻が待ち遠しいです。

  • “ 決別じゃなくて抱えて生きろ―。師匠がくれた覚悟の教え。過去の過ち、小夏の秘密……すべてを背中に背負いこんで、ついに叶えた親子会。師匠・八雲と迎えたその日、三代目助六演ずる「居残り」やいかに!?
    八雲でもない。助六でもない。三代目助六こと与太郎が切り拓く落語の未来がここにある!!―裏表紙より。―裏表紙より。

  • 八雲との親子会を控えた与太郎。
    自分の落語を探し続けていた与太郎だが、周りは彼の落語がますます冴えてきたと感じている。
    樋口は八雲に「これからの落語」について持論を語り続ける。
    小夏は息子・信之助の幼稚園で、与太郎の強引な計らいで「寿限無」を演じ、落語の楽しさを噛み締める。

    親子会が開催される。
    八雲は「反魂香」を演じている途中にみよ吉の幻を見る。そして終わったあと倒れてしまう。
    医学の心得があった萬月師匠と小夏に付き添われて病院に運ばれるが、与太郎は客席をほっぽっていくわけにいかないと、自分の演目「居残り」をきっちり演じ切る。

    病院に担ぎ込まれた八雲は意識不明の状態。
    与太郎は八雲がきっと目を覚ますと信じ、自分の落語を続ける。
    作家の樋口は、親子会で最後に与太郎が演じた「居残り」が、助六の丸写しでもなく、当然八雲の芸でもなく、全く違うものだったと評した。
    経験と鍛錬に裏打ちされた八雲と、全てを助六色に染め上げる助六。
    それに対し、与太郎の落語は演目の世界観全てになりきるもの。無我・無欲の世界で、これはある種の強みだという。
    そして樋口は、かつて助六が演じた「芝浜」のフィルムが見つかったと告げる。
    時を同じくして、八雲が死の淵から生還する。

    八雲vs助六が姫川亜弓と北島マヤのような…。
    与太郎は不思議な存在だな。
    八雲さんは先代と同じく親子会の時に倒れたのね。

  • 師匠!!!!!

  • すっかり4人の生活も馴染んだ?のか、小夏さんの息子・信之介は習わぬ経ではなく寿限無を唱え、ヨタと小夏への小言の裏側に孫にキチンとしつけをする八雲師匠。

    ヨタの夢でもある親子会が実現し、天にも登る気持ちのヨタ。「品川心中」をかける八雲師匠は高座の途中で懐かしくも寒々しさを感じる相手を目撃することに。

    壮絶な表情のヨタが掴んだ「三代目助六」の芸。

  • 小夏さんの落語。

    親子会で倒れた八雲師匠。
    まだまだ残さないといけないものがたくさんあるよ。

  • 7巻でまた5年くらい経ってるー!と思ったら八雲が‥

    みよ吉があそこで見えちゃうっていうのはドキっとした。
    未練なんだよなぁ

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。2008年、短編『窓辺の君』でデビュー。2010年より初の長期連載『昭和元禄落語心中』を「ITAN」(講談社)にて執筆開始。2014年第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞・一般部門を受賞。2017年手塚治虫文化賞の新生賞を受賞。同作完結後は三浦しをん原作の『舟を編む』をコミカライズ連載中。そのほかBL作品を多数発表。

「2017年 『落語の入り口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雲田はるこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和元禄落語心中(7) (KCx)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×