王子が私をあきらめない!(1) (KCデラックス)

  • 講談社
3.75
  • (10)
  • (17)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 208
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063808889

作品紹介・あらすじ

IQ500、王家の血筋、石油王etc...とんでもない称号に彩られた学園の王子・一文字初雪。
一方、特に取り柄はない、THE 庶民・吉田小梅。
まるで接点のない2人だが、突然、王子が庶民に恋をしたから事態は急変!
庶民の常識など一切通用しない、王子の猛攻に小梅はタジタジ。

「僕と交際してくれ」「む、無理です!」

王子の異常で過剰な愛情の行方は…?
溺愛系ハイパー格差ラブコメ第1巻!

IQ500、王家の血筋、石油王etc.数々の称号を持つ学園の王子・一文字初雪。一方、特に取り柄なし、THE庶民・吉田小梅。まるで接点のない2人だが、突然、王子が庶民に恋をしたから事態は急変!庶民の常識は一切通用しない、王子の猛攻に小梅はタジタジ。「僕と交際してくれ」「む、無理です!」王子の異常で過剰な愛情の行方は…?溺愛系ハイパー格差ラブコメ第1巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前パルシィで一気読みして(時期によってチケットでいけたりダメだったりするのね)、最近LINEマンガでもちょっと読めたので読み返してみました。
    初っ端から初雪先輩と柿彦(吹き矢w)がぶっ飛んでて面白いです。
    ただ面白いだけじゃなくて、初雪先輩が小梅ちゃんのことを理解しようとする姿勢や、『王子、覚醒する』で知識としては知っていた恋心を自覚するのがいいですね!
    賢いはずなのにやたら恋愛関係に疎いキャラがこれは何かしら?みたいにウダウダするのがウゼーと思ってたけど(読書記録で評価つけてない漫画作品は大抵こんな感じ)、知識としてはちゃんとわかってて、自分のこととして考えてみると、ってお手本のような反応、素晴らしいです!
    というわけでイライラポイントがなく、押さえるべきところは押さえてあってテンポ良く読める良作だと思います。

  • 再読。
    最初読んだときは好きな話しじゃないと思ったんだけど、2回目読んだら…あれ?面白いぞ。
    天然バラ飛ばし王子様がツボ。
    ただ私の当て馬ポジションキャラに惹かれる病が今回も発動しそうです。
    続き買っちゃうかも。

  • こんだけぶっ飛んだ設定だから心からギャグを楽しめる。「バラどっから出てきた」とか「女性はみな石油王が好きだといとこが言っていた」とかさいこうだな。「経験と理解で一つずつ埋めていこう」ってのもステキだ。
    でも小梅ちゃんが可愛くない意地っ張りであまり好きになれない。小梅のどこが好きになれないかって、初雪センサー壊れてるんじゃないかって思うとこだな。

  • Pixivで読んだところすごい面白くて・・・
    本が奇跡的にあったので買いました!
    王子の突然の行動に笑ってしまいます…笑
    続きはどうなるのかすごい気になります!

  • ハイスペックすぎる生徒会長・一文字初雪(いちもんじはつゆき)に一目惚れされてしまった、庶民派の女子高生の吉田小梅(よしだこうめ)のドタバタ学園生活を描いたラブコメ。第1〜7話収録。
    LINE漫画で6話まで連載していたが配信終わってしまい、その続きが気になったのでレンタル読み。第1話2ページからぶっ飛び具合がすごい。そして便所飯をきっかけに仲良くなる王子とは。初雪の天然ボケと小梅の鋭いツッコミはテンポ良くて面白い。小梅の両親云々の場面も好き。明らかに当て馬であろう花岡椿(はなおかつばき)の方の活躍も期待。

  • ツイッターで見かけてうむ、好きそう。と思い購入。間違いなかった。それぞれのキャラがたっててボケとツッコミもテンポが良く楽しい。

  • 試し読みがおもしろくて購入。王子が規格外過ぎる。そして、超マイペース。小梅のおじいちゃん、レアアース掘り当てるとかすげぇ。桃太郎先輩、あれで男とか… 四天王の眼鏡の人がんばれ。次巻は椿先輩も参戦?

  • 初雪様すごい!近くで拝んでみたいハイスペックぶり。椿くんがバラ持ってた、ってシーンでは初雪様にバラを舞わせてたのは彼の仕業だったのか!と思ったけど違いました。初雪様の魅力にバラが自ら舞うんですね。たとえそこにバラの花が無くとも(笑)

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。既刊に『星上くんはどうかしている』『恋とヒミツの学生寮』『王子が私をあきらめない!』(以上講談社)、『青春しょんぼりクラブ』(秋田書店)など多数。その他『響け! ユーフォニアム』(宝島社刊)の小説挿画など幅広く活躍中。

「2021年 『きみと青い春のはじまり(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アサダ・ニッキの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×