銃皇無尽のファフニール9 セルリアン・エンゲージ (講談社ラノベ文庫 つ 3-1-9)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 54
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063814729

作品紹介・あらすじ

イリスだけでなく深月たちクラスメイトの竜紋も変色させてしまった悠は、他の“D”との接触を禁じられ、学園内で隔離されていた。悠のつがいになるか否か、それぞれの選択を迫られる少女たち。そしてついに、ニブルのロキ少佐が動き出す。“灰”のヴァンパイア――ミッドガル学園長シャルロットを討つために。差し向けられたのは、かつて悠とジャンヌが所属していたロキ直轄の特殊部隊スレイプニル。そして、欠けた破片を埋めるのは――。
「――届けて」
止められない想いと、止まらない運命の歯車。終わりの前兆と、終わらせないために叫んだ声。たとえ今、伸ばしたこの手が届かなくても、きっと――。アンリミテッド学園バトルアクション第九弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一番目立ってへんかったやつの話。
    このためだけにおったようなもんやな。

  • 表紙にアリエラでようやく一回り…と思ったらこういう展開が待ってたからこのタイミングになったのね。ロキや学園長の過去等他にもいろいろありそうで次の展開が楽しみでもある。あ、序盤は温泉でイチャイチャしてただけかと。まぁそれぞれのヒロインズが可愛かったからこれはこれで(ぇ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

代表作に小説『銃皇無尽のファフニール』、『RIGHT×LIGHT』、『ノノノ・ワールドエンド』など。

「2019年 『たった一人の君と七十億の死神(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツカサの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×