異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術7 (講談社ラノベ文庫 む 1-1-7)

  • 講談社
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063815894

作品紹介・あらすじ

レムの中に残る魔王の魂を消す儀式魔術が、ダークエルフに伝わっているという。個人的な問題だからと一人で向かおうとする彼女に、ディアヴロは同行を提案してやる。もちろんレムが心配だからだ。
(ゲームの設定の『ダークエルフは爆乳』は関係ないですよ……?)
しかし、ダークエルフたちは過去の惨劇ゆえ、他種族に敵対心を持っていた。弓を向けられ、ディアヴロは戦いを覚悟する。
「貴様らの恨み辛みなど知ったことではない。我に従うがいい!」
一方、シェラは王女としてエルフの男性と結婚させられることに!?
極大魔術でエルフの王国を転覆させる!? やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第七幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【電子書籍】ダークエルフの国でレムの体にある魔王の残滓を取り除くことに成功したディアヴロたち。族長ラフレイシャを伴い訪れたグリーンウッドの国で待ち受けていたのはシェラの結婚話だった…。ついに登場する大魔王の配下たち。次第にディアヴロも苦戦するようになってきました。勝利の果てに得られたのはグリーンウッド国王の位とシェラの夫(?)の座。そして宴の後はもちろん新婚初夜イベント。さぁヘタレ魔王はどうする?次回は戦士系クラスを目指すことにしたディアヴロの修行回とのことで、初夜エピソードを含め次巻が楽しみです。

  • ついに嫁が出来てもたな。物理への転向はおもろそうな展開や。

  • 安定しているし展開も爽快で読みやすいのだけど、すこし先が読めてしまうかなというところ。もっと読者を裏切ってきてほしい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家・漫画原作者。

「2017年 『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

むらさきゆきやの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×