アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者17 (講談社ラノベ文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063815917

作品紹介・あらすじ

富士樹海に出現した謎の穴で通じた異世界、慎一が日本政府からオタク伝道師として派遣された神聖エルダント帝国があるファンタジー世界は、実は遥か遠い未来世界である事が分かる。しかも、肝心の穴は不安定化し始めていて、もしかすると現代日本との行き来が出来なくなる可能性も出てきた。そうなれば、派遣された人々は時間的な島流しになってしまう。慎一たちは、異世界からの去るように指示される。だが、慎一の心は今や異世界側にあり、簡単に帰る決断は出来ない。そんな悩める慎一に、さらに現代日本と異世界を巻き込む巨大なリスクが襲いかかる。それは『ファイナルカウントダウン』って、なにそれ?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    前巻ラストの衝撃の発表から冒頭の下りだけでも相当に驚きの時事が判明したな。異世界ではなく未来世界であることはこれまでにわかっていたが両世界の時間の流れが異なっているとはね。
    それにバハイアラム王国の竜の巣で出会ったテレジアからの説明で謎の超空間通路についても大体は判明したね。
    日本の完全撤退で慎一がどうするのかが非常に気になるところではあったのだが、空母転移などという事件のせいでそれどころではなくなってしまったね。しかも転移で日本が隠していた超空間通路についてをアメリカに知らせないといけないという考えられるうえで最悪の事態だね。
    それにしても嫌らしいアメリカ軍人の典型的な人物が登場したのが印象的だ。自分の正義を信じて疑わないアメリカ軍人ほどに厄介な存在はないと感じたね。
    それにしてもラストの展開は衝撃だったな。実際に目撃していたら自分でも呆然として何も行動することができないだろうな。

  • まあ、わかるが・・・わかるが「あいむゆあふぁーざー」はねぇーんじゃねーか?

  • すまねぇ、映画はサッパリなんだ。元ネタ知らなくても楽しめました。遂に現世?からの他国の介入に加え、世界の危機に今生の別れもありえるとあって、光流さんとかペトラルカとかそれぞれにいいとこ見せたのにこの主人公さんときたら…。まぁいきなりイケメンに成長されてしまうとそれはそれで違う気がするので難しいところではあるけど。ラブ方面はどっちつかずでもいいけど(むしろそっちの方が“らしい”気がする)、締めるところはきっちりしてればいいかなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第9回ファンタジア長編小説大賞準入選作「ドラゴンズ・ウィル」でデビュー。主なシリーズに「スクラップド・プリンセス」「ストレイト・ジャケット」「棺姫のチャイカ」の他、「アウトブレイク・カンパニー」(講談社ラノベ文庫)などがある。

「2019年 『妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

榊一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×