さくらとともに舞う (講談社ラノベ文庫)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063816297

作品紹介・あらすじ

人々を殺め苦しめる荒人魂が、都に頻発するようになった。その荒人魂に母を殺された明石めぐるは、剪定士をめざし鸞鳳学院に入学する。剪定士とはパートナーになる舞姫が放つ“花力”を借りて荒人魂と戦う剣士のこと。学院では剪定士・舞姫を目指す候補生達が厳しい特訓を受けていた。入学初日、めぐるは舞姫候補の桜みらいと10年振りの再会を果たす。しかし、彼女は四大流派の跡継ぎ娘、庶民のめぐるがパートナーになることなど簡単に認めて貰えるはずもない。実力で認めて貰おうと日々特訓に没頭するが、ある郊外学習で荒人魂と遭遇してしまう。そしてそれをきっかけにみらいの秘密が明らかに! 京の都は次第に闇の中へと引きずり込まれていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 惹かれるところが無かったわ。

  • 正統派の和風ファンタジー。キャラクターも個性があって面白いし、ストーリーもまとまっていて終わりもスッキリしている。

全2件中 1 - 2件を表示

ひなた華月の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×