みなみけ(8) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (36)
  • (66)
  • (66)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 849
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063820065

作品紹介・あらすじ

南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。他愛もない日常の事件が、時に大きく、いつもは小さく発展していくサマをお楽しみください。


まったり、ゆったり、のんびりと・・・・。南さんち3姉妹の日常を淡々と描いているうちにもう第8巻に突入しちゃった。単行本の累計も330万部を突破! これも皆さんのおかげです。今回は食べ物ネタあり、恋愛ネタあり、学園ネタありのゆるゆるエピソードが19本。月刊ヤングマガジンに掲載された放課後編も収録されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • 買い物中のチアキと保坂の遭遇のエピソードは、自分の中では鉄板です。ソラマメとキャベツのペペロンチーノが食べたくなります。

    そしてプールでは、報われない恋心を抱き続けてきたリコが、カナの機転によって藤岡と手をつなぐことに。彼女の幸せそうな表情を見ると、つい応援したくなってしまいます。

  • 978-4-06-382006-5 174p 2011・3・4 1刷

  • 相変わらず、ゆるゆるとした雰囲気の作品。こんな日常に紛れ込みたい。マコちゃんの登場率の高さに興奮。藤岡は安定の藤岡といった感じであった。

  • 表紙の千秋,頭のでかさは最早異常だな。元々「貫」の単位は二個で一貫だがな→売りました.

  • 「過度に期待しないで」という但書が素晴らしい。
    そんなに期待してはいけないのか。

    ただ、通読していないとわからない場面がちらほら。

  • あまりパッとしなかった。
    トウマの活躍があまりなかったからだー。
    トウマ分をもっと。もっと。

  • おもしろくなくなったな

  • あいかわずのゆるい日常に笑いの世界観が面白い。

    そして、そら豆を食べたくなってしまった。

  • トウマかわいいよトウマ(禁書ではない)。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作に『みなみけ』、『今日の5の2』がある。現在、別冊少年マガジンで『そんな未来はウソである』を連載中。

「2014年 『そんな未来はウソである(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜場コハルの作品

みなみけ(8) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする