彼岸島 最後の47日間(3) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.21
  • (2)
  • (3)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 132
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063820522

作品紹介・あらすじ

絶海の孤島で繰り広げられる壮絶な死闘! 生き残るのは人間か、それとも吸血鬼か!? 最終決戦の幕が開く!!

人間を吸血鬼に変える恐るべき蚊! それが本土にばら撒かれるまであと三十八日。明たち人間軍は、その計画を阻止すべく、蚊の育成所に攻撃を仕掛ける。だが明は、斧神の計略にはまり、地獄に堕とされてしまい‥‥。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画喫茶で読みました。

    和美が覚悟完了して、
    亮介を取り押さえながら和美を斬ったり、
    蚊の第一育成所を襲撃したり、
    地下で斧神に遭遇して蚊の育成用の巨大水槽に落とされたり、
    巨大水槽の血の池を渡ったり、
    育成所内で迷ているところに隊長と再会したり。

    ぶっちゃけ和美が吸血鬼になった理由は予想の範囲内だった。
    むしろ血が混じってた吸血鬼は何か他の病気も持ってるのでは?
    → 吸血鬼は病気に掛からないらしいので、なんで血が混じってるのか意味不明。
    で、そもそも亮介が周囲の忠告を聞いて船で島を離れようとしなきゃ和美は吸血鬼にならなかったんだけど。
    で、そもそも雅が吸血鬼ウイルスを撒き散らしているのが大元の原因ではあるのだけど。
    で、そもそも篤が涼子の父親の言いつけを破って雅を解放したのが根源なのだけど。
    そう考えると亮介が明を恨むのは理に適ってるのか?
    まぁ、そうやって遡ると五十嵐のせいってことになっちゃうんだけど。

    相変らず落合のピョンピョンとか、そのシーンいる?・・・いや、でもあった方が分かるか・・・?みたいな絶妙なコマがある。

    ところで、蚊の育成用の巨大水槽のアレって全部が血なんだろうか?
    流石にあんな量の血を4箇所に用意できるほどの人数は用意できないのでは・・・?
    あの血は飲んでしまうと吸血鬼になるとか以前に腹を壊しそうだ。
    口から入ったらダメなら肛門から入ってもダメなのでは?
    ケンちゃんなんて血が目に入っただけで吸血鬼化したのに。
    人間なんて穴だらけなんだから、あんな池に浸かってたら怪我してなくてもダメだろうに。
    実際、アルコールなんかは口から摂取するよりも直腸へ直接ブチ込んだ方が吸収率が高すぎて死ぬ。
    (そもそも生傷が全くないなんてことありえるのか?)
    っていうかアレって人間の血じゃなくて吸血鬼の血なのか。

    ていうか、さっきまで血の池にどっぷり遣ってたんだから、梯子を上ってるときに血が滴り落ちまくるのでは・・・。
    ケンちゃんが目薬の要領で感染してるんだから下手に上を向いて登れない。
    名前が出てこなかった残りのひとりは、明に「手を血の池に浸けるな」て言われてたのに花田が転倒したときに思いっきり浸けてたんだよね。
    コレ、なにかのフラグかと思ってたのに、全然そんなことはなかった。

    ちなみに蚊は5階くらいまでしか上がれないらしい。
    よって高層に住めば蚊取り線香いらず。

    吸血鬼化した和美を斬っておきながら、吸血鬼である隊長を連れて帰ったらまた亮介が荒れそうだ。

    ---

    前田:
    斧神のところに辿り着いた5人の中のひとり。
    誤って落合の脚を斬った挙げ句、蚊に刺されて吸血鬼化したため明に斬られる。

    落合:
    斧神のところに辿り着いた5人の中のひとり。
    前田に脚を斬られながらも明に肩車されて巨大水槽から抜け出せる梯子まで辿り着くが、梯子が壊れて血の池に落ちて脱落。

    花田:
    斧神のところに辿り着いた5人の中のひとり。
    転んで血の池に沈んで吸血鬼化したため明に斬られる。

    ???:
    斧神のところに辿り着いた5人の中のひとり。
    明と共に巨大水槽から抜け出せた生き残り。
    名前は不明。
    (4巻で細山と判明。)

    隊長:
    無印の最終局面で明と行動を共にしていた吸血鬼。
    下半身は拷問により消失。
    いろいろ知ってて役に立つ。
    第一育成所の地図も頭に入ってるらしい。

    斧神:
    第一育成所を任されている混血種吸血鬼。
    山羊のマスクを被っている。
    クソ強い。

    和美:
    亮太の恋人。
    生きるために吸血鬼の吸血鬼を舐めることを自ら提案。
    舐めた中に血が混ざってるヤツがいて吸血鬼ウィルスに感染するという、よく考えるととても情けなくて可哀相。
    てか、亮太のすら舐めたことなさそうなのに上手いって、ちょっと闇が深くないか?

    蚊の第一育成所:
    斧神が任されている育成所。
    地下にある。

  • 未感想

  • いや無理っしょー

  • 吸血鬼になった彼女と吸血鬼を斬るアキラ、このパターンの話はもういい加減にして貰いたいと思うけど、やっと斧神との決着に向けて動き出すと思ったら、また引き延ばしな感じ、最終決着の日は果てしなく遠い。

  • 斧神でてきた

  • 注)グロテスク、残虐なシーンが含まれています。

    ホラー(化物)オススメ度★★★
    キャラクター★★★
    世界観★★★

  • いやもう、いつにもまして明が神業すぐるwwww
    何億匹の蚊に刺されないで脱出とかありえねぇwww
    しかも、防御アイテム毛布だしwwwww
    次巻、隊長が活躍か!!で楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

「2015年 『彼岸島 48日後…(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本光司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×